ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

未来のスローライフはこんな感じ?自力で電力供給する移動式エコハウス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小さな風車を備えた、まゆ玉みたいなカプセル。

とてものどかなビジュアルだが、これがとんでもない実力派だったりする。

スロバキアの建築スタジオ、Nice Architectsが発表したのは、完全自給自足型のポータブルハウス。

屋根に設置した風車とソーラーパネルによって、自力で電力を供給する、「Ecocapsule」である。

・水と電力を自力で供給

「Ecocapsule」の本体は、2.6m2の高効率ソーラーパネルと、750Wの風力タービンを保持する、格納式ポールで覆われている。

電力は、備え付けのバッテリーに接続したソーラーパネルと、風車から賄われる。晴れた日や風のあるとき、必要な電力を確保しておけばいい。

飲料水は雨水や、屋根に溜まった水滴を、ビルトインフィルターで浄化して利用する。

これで1年間は、電力会社や他の発電システムに頼ることなく、暮らせるのだという。

・災害時や人道支援活動の仮設住宅としても活躍

カプセル内には、キッチン、風呂場、シャワー、ダブルベッドを完備。

小さいながら、中は意外と広く、大人2人が楽に過ごせるだけの、空間が確保されている。

世界中、どこへでも連れて行けるのも利点の1つ。渡航の際はコンテナで、地続きなら車で牽引することが可能。

キャンプなどのレジャーはもちろん、災害時や人道支援活動にも、大いに役立ってくれるだろう。

「ミラノ万博2015」にも、展示された本品。価格は今のところ未定で、今年の秋頃発表される予定。

Ecocapsule

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP