ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、リチウムイオンバッテリーの容量を倍増させる新技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がスマートフォンやタブレットだけではなく、様々な電子機器で採用されているリチウムイオンバッテリーの容量を倍増させる技術の開発に成功したそうです。Samsung の新技術はシリコンの表面に厚さ 1 原子分の薄い炭素シート(グラフェン)をコーティングするための「シリコン陰極材料」で、この陰極だと既存のグラファイトやシリコンを用いたバッテリーよりエネルギー密度を 2 倍向上させることが可能とされています。これによって、従来のバッテリーと同じサイズでほぼ 2 倍の容量を実現できるほか、同等のバッテリー容量をより小さいサイズで作成することも可能になると言われています。Source : Business Korea 


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Ace 4をAndroid 5.x(Lollipop)にアップデートしない方針
Sony Mobile E5663は4.6インチディスプレイやMediaTekのオクタコアプロセッサを搭載
HydrogenOSの標準ホームアプリ「H2 Launcher」が他の端末に移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP