体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

梅雨にやりたい! 浴室・トイレ…水まわりのお掃除、収納対策

【画像4:両面目地ブラシ】ブラシがしっかり溝に入るので汚れをかき出すことができる

(3)洗面所
洗面所で気になるのは排水口の汚れです。洗面台の排水口の中にはごみ受けがあり、そこは髪や汚れがたまる場所。ここの汚れを放置するだけで、一気にシンク内が汚れてしまいます。ここのゴミはためないようにこまめに取るようにしましょう。
また洗面台まわりはどうしても小物が多いため、出しっぱなしになりがちに。洗面台まわりは歯磨きをするたびに汚れが飛び散り汚れます。また、ホコリも意外と多い場所なので、必要以上にモノを置かず、しっかりと収納内におさめ、掃除の手間を省きましょう。

【画像5:古堅家の鏡面収納 左】お風呂場に近いので風呂上がりに使うものや入浴剤が入っています

【画像5:古堅家の鏡面収納 左】お風呂場に近いので風呂上がりに使うものや入浴剤が入っています

【画像6:古堅家の鏡面収納 右、中央】ヘアケア用品、スキンケア用品、メガネなどが入っている(中央)。オーラルケア用品、コンセントが近いのでひげそりが入っている(右)。扉一つひとつに目的を持たせることが、散らからないポイント

【画像6:古堅家の鏡面収納 右、中央】ヘアケア用品、スキンケア用品、メガネなどが入っている(中央)。オーラルケア用品、コンセントが近いのでひげそりが入っている(右)。扉一つひとつに目的をもたせることが、散らからないポイント詰めすぎ注意! 収納の中はゆとりをもって風通し良く!

梅雨時期に気になる場所で見落としがちなところと言えばズバリ、収納の中。部屋をキレイな状態に保ちたいからといって、臭いものに蓋を閉めるようなしまい方をしていては、後から大きなツケがやってきます。下記に一つでも思い当たる項目があるなら、梅雨の晴れ間にでも見直してみてください。

■梅雨時期に要注意! あなたの部屋のカビ・ニオイ危険度チェックポイント9
□下駄箱の中に汚れたままの靴が隙間なく詰め込まれている
□クローゼットの大きな衣装ケースに何年も着ていない服が眠っている
□ハンガーラックに掛かっている衣類は左右に動かない
□押入れの中の来客用の布団をしばらく出していない
□押入れや納戸、クローゼットは定期的に掃除機を掛けない
□物置部屋と化した部屋の窓は最近いつ開けたか覚えていない
□食品庫の中の食品の賞味期限をチェックしていない
□シンク下の奥に何が入っているか覚えていない
□リネン庫の中にタオルを詰め込みすぎて奥のほうからなんか臭う

ジメジメ湿気が多いこの時期だからこそ、気づける汚れや臭いがあります。雨の日には水まわりの掃除を。晴れの日には窓を大きく開けて、収納内を見直してみてはいかがでしょうか?
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/26/92804/

【住まいに関する関連記事】
梅雨入り直前! 今やるべきキッチンの整理・収納・お掃除対策
子どもが“自分で片付けられる部屋”はこうつくる! 
毎日のストレスを解消! ちょっとした工夫で洗濯機まわりをスッキリ便利に
量より取り出しやすさ。あるとうれしいマンション収納の工夫とは? 後編

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

前のページ 1 2
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会