体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エクストリームな綱渡り!?「スラックライニング」の技が、想像以上にカッコイイ

85singo_P-20150614-00046_HiRes JPEG 24bit RGB

「ハイライニング(Highlining)」と呼ばれるスポーツがある。幅5cm程しかないナイロン製のロープを高所に貼り、その上を渡る。「綱渡り」と似ているが、更に進化している。

例えば、高さがなくとも樹と樹をロープで結びその上でバランスをとって遊ぶ「スラックライニング(Slacklining)」も静かなブームだ。こちらは高さがなくてもできるもので、アウトドア好きの間でも人気がある。

ここで紹介する動画はサンフランシスコで行われた大会「Red Bull Baylines」の様子を撮影したもの。高さのあるハイライニングとトリッキーな技が繰り出されるスラックライニングの両方の要素を兼ね揃えている。

単にロープの上でバランスを取り、渡るだけではない。そのバネを利用し、トランポリンのように跳ね、トリックをキメる。その自由度の高さとスリルには見ているだけでアドレナリンが出る!

Reference:Red Bull

Reference:Red Bull

動画の中でも特にトリッキーなパフォーマンスを披露しているのは、プロのスラックライナーのアレックス・メイソンだ。そのトリックはまさに自由自在。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。