ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なりたい「自分」へ突き進む!本当に情熱的な人の10の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とにかく努力を重ねる人、楽しみながら夢中になる人。そんな両者の境界線を知るには、この記事を読めばよさそう。

起業家でありながら哲学者としての顔も持つPaul Hudson氏が「Elite Daily」で「本当に情熱的な人の10の特徴」を挙げています。目的に対して熱を持ち、夢中になれる人って、本当に一直線なんですね。

意欲を持って生きるということはとても大切なこと。情熱的な人は、そうでない人よりも幸せな人生を送る可能性が高い。やる気や情熱という前向きな気持ちがあり、自分の人生は自分で作っていくという気概に溢れているから。

01.
目覚めたらすぐに動き出す!
寝ている時間はムダ

「睡眠が嫌い」という訳ではない。だだ彼らは目覚めた後、自分がこれから行う仕事に対して、嬉しい気持ちでいっぱいなだけ。特別なプロジェクトだろうが、あまり興味のない仕事だろうが、将来への希望に溢れているので起きるとすぐ行動しようとする。1日の半分を寝て過ごしたら、せっかくの時間がもったないのだ。

02.
自分のしたいことばかりを
考えてしまう

自分のやりたいことが頭から離れない。さまざまな考えを巡らせ、いつもそのことばかり考えてしまいがち。時間は貴重なので、それ以外はあまり気にしない。

03.
ワクワクが増えていく!?

どんな人でも365日24時間、常にワクワクした気持ちで過ごせるわけではない。でも、自分の興味のあることを見つけたら、一直線。他のことには目もくれない。そして、興味のあることが増えれば増えるほど、気持ちが高ぶる回数も増える。

04.
喜怒哀楽が激しい

情熱的な人ほど、気分のムラがあるもの。幸せで興奮している気持ちが、怒りや悲しいことに変わってしまうこともある。 物事が上手く進んでいる時、世界は美しく輝いているように感じる。でも、その逆の時だってある。

05.
リスクなど気にしない
目標へ突き進む!

自分の人生の目的をはっきりと理解しているからこそ、その目的以外のことは重要視しない。自分が興味のあることには、リスクを恐れず突き進む。一方、興味のないことはあっさりと諦めることも。

06.
自分のなかにブレることのない
価値観を持っている

人生には、価値のあることとないものが混在している。それでも、何が自分を幸せにするのかをわかっていれば、それ以外のことに時間を割く必要はないのだ。

07.
仕事=人生

仕事を家に持ち帰るのはよくないというのは一般的な意見。しかし、情熱的な人にとって、仕事と遊びの垣根はない。家に仕事を持ち帰らないなんて、出来るわけがない。仕事こそが、彼ら自身であり、彼らのすべて。もはや、仕事ではなく人生そのもの。

08.
興味のあることばかり
話してしまう

自分の興味のあることばかりを話しても、友だちや家族がそれを求めているわけではない。しかし、そう知りながらも話すことをやめられない。興味のあること以外は、あまり話したくないから。

09.
頑張りすぎて
時には体調を崩すことも

意欲の高い人は、物事のバランスを保つことが苦手。興味のあることに対しては、自分の限界まで挑戦する。好きだから、一刻も早く前に進みたいから。それが原因でエネルギーが尽き、体を壊してしまう傾向も…。

10.
イメージが明確
次にすべきことを知っている

いつも前を向いている。今の姿より、将来の姿をイメージしている。それが必ずしもよいこととは限らないが、彼らが常に次の行動を考えていることは事実。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

環境が変わらない時に自分を変える「5つの方法」。世界はこんなにも違う!
「世界一醜い」と言われた女性の前向きなスピーチに、世界中が勇気をもらった
不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP