ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐ前向きになれる「10の言葉」。泣いて解決することは、何もない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高校の心理学教師だったAndrea Schulman氏。彼女はその経験を活かし「Expanded Consciousness」で、落ち込んだ時に唱えるべき10の言葉を綴っています。生徒たちを励ます時にも使っていた、その言葉とは?毎朝言葉に出してみるのもオススメです。

仕事の失敗に、恋人とのケンカ…。日常には、いくらでも気が滅入る出来事があります。何か悪い事態に陥ると、私たちはなぜ自分なのか?という思いに駆られ、その問題から抜け出すことができなくなってしまいます。
物事がうまくいかなくなった時に落ち込むことは当然ですが、失敗にとらわれ続けるより、心を落ち着かせより広い視野で考える必要があります。
もし落ち込むことがあった時は、ここで紹介する言葉を思い出して下さい。きっとあなたを助けてくれるはずです。

01.
「気分は、良くなったり悪くなったりするもの。気持ちが落ち着けば、必ず良い解決策が思いつく!」

02.
「どんなに辛くても、時間が解決してくれる」

03.
「思い詰めなくてもいい。最終的にはなんとかなる」

04.
「泣いて、解決することはない」

05.
「物事を良い方向に持っていくには、まずリラックスすること」

06.
「今までだって人生の中で、大変なことを経験してきた。それを乗り越えてきたことを忘れずに」

07.
「考えている問題と実際の問題が違うこともある」

08.
「前向きな気持ちがあれば、何でもできる」

09.
「トラブルの原因よりも、どう対処するかが大事」

10.
「上手くいっていることだって多いはず。良いことに目を向けよう」

落ち込んでいる時は、ぜひ口に出してみましょう。きっと驚くような効果を得られるはずです。
もしかしたら、自分はどうして落ち込んでいたんだろう?とさえ思えるかもしれません。

Licensed material used with permission by Expanded Consciousness

関連記事リンク(外部サイト)

環境が変わらない時に自分を変える「5つの方法」。世界はこんなにも違う!
不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です
オフィスワーカーに知って欲しい「21の健康法」。座りっぱなしは最悪!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。