ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3兆円資産のアリババ会長 月給1.5万円時代幸せだったと語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 資産額250億ドル(約3兆750億円)と、昨年の中国の長者番付第1位に輝いた馬雲(ジャック・マー)アリババ・グループ・ホールディングス会長は今月9日、米ニューヨークで講演を行ない、「1988年に大学卒業後、小さな地方大学で英語教師として働きながら、月に720元(約1万4760円)を稼いで、好きなように使っていたときが、私には最高の時代だった」などと語り、観衆の笑いを誘った。米CNNが報じた。

 馬氏は1964年生まれ。杭州師範学院外国語学科で英語を学び、杭州電子科技大学で英語の教師をしていた。1995年に米国を訪問し、そこで初めてネットビジネスと出会い、帰国して4年後の1999年にアリババを立ち上げた。

 馬氏は昨年9月、中国では電子商取引最大手である同社をニューヨーク証券取引所に上場し、巨額の資産を手に入れた。

 しかし、この日の講演で、馬氏は「株式上場後、いまアリババには難しい局面で、むしろ悪くなっている」と前置きし、「もし、もう一度人生をやり直せるのならば、株式を上場せずに、個人事業をやりたいと思っている」などと企業経営に慎重な姿勢をみせた。

 これについて、馬氏は「巨額の金を持っていない時は、その金をどう使うべきかを知っているが、億万長者になれば、その金は自分のものでなくなってしまう。その金は(私に対する)人々の信頼であり、私の責任となる」と述べた。

 馬氏は常々「100万ドル持っていれば運が良くて幸せな人だが、1000万ドルを超えれば、多くの責任や負担が伴う」と語っている。

 今回の馬氏の訪米の目的は米市場開拓で、「アリババは競争するのではなく、別の道を目指していく。すなわち、米中小企業各社が中国に進出して、製品を販売できるように支援する役割を果たすことになるだろう」と述べ、「すでに、アリババショッピングモールでは米国産チェリーを販売している」ことを例に挙げて、米国製品の中国での販売に主眼を置いていく方針を明らかにした。

 また、馬氏は今後の中国の市場規模について、「中国の中間層の規模は現在、全米の人口(約3億人)並みだが、今後10年内に5億人を超えるだろう」との見通しを明らかにした。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
資産2.3兆円のアリババ会長 上場で孫正義氏も笑い止まらない
中国電子商取引アリババNY上場で共産党幹部親族に1000億円も
中国電子商取引業者の金融商品 高利で人気も銀行業界猛反発

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP