体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHINTAI街歩き特集~池袋編~

都内の人気エリアから、ちょっとディープなスポットを実際に歩いて魅力を伝える同連載。
第1回目は池袋周辺を探索してみよう。

ikebukuro001

今回は池袋周辺を探索してみよう!

池袋駅は新宿駅、渋谷駅に並ぶ東京の3大ターミナルのひとつ。百貨店やファッションビルが駅から直結しており、周囲には多くの商業施設や家電量販店が立ち並んでいる。

交通の便だが、JR各線や東京メトロ丸ノ内線、有楽町線、副都心線、東武東上線、西武池袋線など多くの路線が行き交い、都心へのアクセスも抜群だ。

ikebukuro002

今回は池袋周辺を探索してみよう!

同駅東口には西武池袋本店やサンシャインシティ、パルコや東急ハンズなどの多くの商業施設が立ち並んでいるが、巨大水族館「サンシャイン水族館」や、街の喧騒から離れられる「コニカミノルタプラネタリウム満天」などちょっとした休憩もできる施設も充実している。

ikebukuro003

「ニコニコ動画」で有名なニコニコ本社も池袋にある

一方の西口であるが、人気ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台にもなった池袋西口公園をはじめ、池袋演芸場や立教大学などがあり、こちらも多くの人で賑わいをみせている。

ikebukuro004 ikebukuro005

休日は落語を楽しむのも良いかもしれない

池袋で食事を楽しむならラーメンがオススメだ。いわずと知れた「元祖つけ麺 東池袋大勝軒」はもちろんのこと、駅周辺にはおよそ100軒ものラーメン店が集まっており、さまざまな味を堪能することができる。休日には「ラーメン食べ歩き」なんてこともできそうだ。

駅前から少しばかり歩けば、賑やかな雰囲気から一転、静かな住宅街が見えてくる。池袋のような大きな繁華街の近くというと、どうしても騒がしいイメージだが、周辺にはゆっくりと時間が流れる落ち着いた雰囲気の街並みが広がっているのだ。

ikebukuro006

駅を出て住宅街に向かう間にはいくつかの商店街がある。上京したての人にとっては、下町の雰囲気が残る活気づいた商店街を通るだけで、緊張と不安が入り混じる引越し後の心を落ち着かせくれそうだ。

ikebukuro007
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。