ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「THE 世界名作劇場展」宮崎駿ら巨匠の手がけた名作アニメをたどる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


森やすじさん『フランダースの犬』ネロの設定画/(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.
アニメ制作スタジオ・日本アニメーションの代表作「世界名作劇場」シリーズの40周年を記念した企画展「THE 世界名作劇場展~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」が、7月30日(火)から東武百貨店 池袋店にてスタートする。

本展は、同シリーズを中心とした日本アニメーションの作品の制作過程に焦点を当てた展覧会。

「アニメーションの神様」こと森やすじさんをはじめ、彼から大きな影響を受けたスタジオジブリの宮崎駿さんや高畑勲さんなど、アニメの職人たちによる貴重な原画や制作資料が初公開される。会期は8月18日(火)まで。

キャラクター設定原画100点、アニメの神様の貴重な資料も

会場では、『フランダースの犬』『母をたずねて三千里』『あらいぐまラスカル』『赤毛のアン』といった1970年代の作品から、2009年の『こんにちはアン ~Before Green Gables』まで、世代を超えて親しまれるシリーズ作品を幅広く紹介。

そのほかにも、『未来少年コナン』『みつばちマーヤの冒険』など、日本アニメーションを代表する作品の貴重なキャラクター設定原画計100点が一般初公開される。

また、アニメ制作の初期段階に用いられるイメージボード初期スケッチといった、普段目にすることの少ない貴重な資料も。

中でも、森やすじさんによる『フランダースの犬』『シートン動物記 くまの子ジャッキー』『シートン動物記 りすのバナー』のイメージボードや、『あらいぐまラスカル』『みつばちマーヤの冒険』の監督・遠藤政治さんによる初期スケッチは必見だ。

宮崎駿さんのレイアウト原画も初公開

宮崎さんが場所設定を、高畑さんが演出・脚本を担当した『赤毛のアン』のレイアウト原画30点も一挙公開。

また、美術監督の井岡雅宏さん、椋尾篁(むくおたかくら)さんらが描く、「世界名作劇場」に登場する世界各地の風景をモチーフにした背景画も多数展示される。

原画や資料の展示以外にも、「部屋の窓辺で空想をふくらませるアン」を再現したフォトスポットや、7月4日(土)から公開される映画『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』の告知映像や、同社が手がけた企業CM・キャンペーン映像を視聴できるコーナーなども設置。

今後、本展は北海道・帯広藤丸百貨店や広島の奥田元宋・小由女美術館など、2年間かけて全国を巡回する予定となっている。

引用元

「THE 世界名作劇場展」宮崎駿ら巨匠の手がけた名作アニメをたどる

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP