ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「たま駅長」お別れツイートが反響大 なぜ猫に魅了されるのか

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 6月22日、急性心不全のため亡くなった、和歌山電鉄の猫の駅長「たま」。6月25日にはTwitterで「ワタクシ、 一昨々日、天国行きの電車に乗車いたしましたにゃんご!」と、フォロワーに向けて最後のお別れをツイートし、リツイート数が1万回を超えるなど、話題を呼んでいます。
 つぶれかけたローカル線を立て直すほどの人気を誇った「たま駅長」に限らず、猫は常に人気者です。なぜ人はこれほどに猫に癒され、魅了されるのでしょうか。

 今回ご紹介する『猫力(ねこりょく) うつな僕を救ってくれた猫』(仲村清司/著、松野和宏/イラスト、アスコム/刊)を読むと、その理由の一端をうかがい知ることができます。

1.今に生きる
 猫は感傷的になったり、過去に浸ったりしません。健気なまでに今を懸命に生きるだけです。一方、私たち人間はどうでしょう? 取り戻せない過去のことを悔んでみたり、どうにもならない未来のことを思い患ってみたりと、今をないがしろにしがちではないでしょうか。
 今を懸命に生きる猫の姿を見て、失いかけた大事なものを思い出す。だからこそ私たちは、猫を見るとキュンとするのかもしれません。

2.猫はとにかくあるがまま
 寝たいときに寝る。人間には媚びない。猫はとにかくあるがままに生きています。そんな姿を見ていると「大切なことは、無理することじゃない。あるがままでいることなんだ」と気づかれます。このことに気づいたとき、私たちは少し元気を取り戻せているのではないでしょうか。

 こうしてみると、忙しい日常のなかでつい忘れがちなことに気づかせてくれる。これこそ、私たちが猫に魅了される理由のような気がしてきます。
 本書はもともと、「猫から得られる教訓」を紹介している一冊。猫好きはもちろん、そうでない人にも楽しめる内容になっています。「私は犬派」という人も試しに一度、手にとってみてはどうでしょうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
余命宣告にも負けずに愛らしい姿ふりまく猫に世界中が感動
猫好き必見! 猫本だけを集めた猫本専門書店の本
被災した“猫の島”の猫たちは今

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP