ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

擬人化業界に黒船襲来!世界のインテル『擬人化コンテスト』開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

擬人化キャラクター隆盛の昨今、国に、電車に、家電に、刀に、軍艦に……日本人に紙とペンさえ渡せば擬人化できない物なんてないんじゃないかっ、ていうぐらい色んな物が擬人化しつくされております。

【関連:電気シェーバー擬人化キャラの『松本イズミ』二次創作ガイドラインを制定】

そんな擬人化業界に世界のインテルが満を持して参戦。インテルとはパソコンのCPUメーカーとして有名な企業。テレビCMの「インテル、はいってる」でおなじみですね。

そのインテルが今回擬人化したのは「インテル、はいってる」各メーカーのパソコンやタブレット。

6月26日から開始された『擬人化コンテスト』ページでは、各モデルごとに擬人化キャラが1人ずつ設定され、人気投票が行われています。

「ASUS TransBook T300 Chi」の場合には、近未来風衣装に身をつつんだクールビューティーなキャラクターに。開いた胸元からは内蔵されたアプリが見え隠れ!操作する時はここを押しちゃってもいいんだろうかとか?とかドギマギしちゃいます。

そして、「FUJITSU ESPRIMO WH77/S」の場合には、可愛らしい萌えキャラに変身!右は三つ編み、左はストレート。耳からメガネをぶら下げて、オシャレだけどどこか謎めいた雰囲気を醸し出してます。

他にも「VAIO Z」が濃紺スーツに身をつつんだ爽やかイケメンになっていたり、「Dell Venue 8 7000」は未来科学者風のイケメンキャラになっていたり、「TOSHIBA dynabook R82」はポニーテールが印象的なアイドル風の萌えキャラにとそれぞれ変身してます。

なお、この人気投票では、各キャラクターに投票した人の中から抽選で1名に、モデルとなった商品がプレゼントされるそうですよ。期間は7月31日23時59分までとなっています。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP