体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です

150625_unhappy-habit

講師や作家としての顔を持つTamara Star氏。彼女が自身のブログ「Daily Transformations」で、不幸な人に共通している7つの習慣を書き、世界中で大きな話題になりました。
不幸な人は、ある共通した習慣を持っているのですが、それに気づいていない人も多いとか。自分の言動を省みながら、読んでみては?

happy marriage life

アメリカの心理学の専門誌「Psychology Today」で、カリフォルニア大学研究者のソニア・リュボミアスキー氏が、「私たちが幸せになれるかどうかの40%は、自分が変われるかどうかにかかっている」と書いています。
もしこれが真実なら、私たちには自分次第で幸せになることもできるはずです。
私自身、長年不幸な人を観察していたら彼らに共通していた「7つの習慣」を発見しました。もしここで紹介する習慣を持っていたら、考え直してみる必要があるかもしれません。

01.
不幸で当たり前
人生は大変なものと思いがち

いつも笑顔の人は大変な状況に陥っても悲観せず、好奇心を持って立ち向かいます。責任逃れをせず、問題解決の方法を考えます。
一方、常に悲しんでいる人は、自分を社会からの被害者と感じてしまい、悲観的に嘆くだけで問題解決をしようとしません。

02.
自分から交流を避けて
人を信用しない

150127_7-things-unhappy-people

幸せな人はよく人を信頼し、性善説を信じています。初めて出会った人にでも優しく接し、どんな人にも心を開きうまくコミュニケーションをとります。
反対に不幸な人は、なかなか人を信用しません。自分の殻に閉じこもり、新しい出会いのチャンスを自ら断ってしまうのです。

03.
偏った視点で
悪い面ばかりを見てしまう

世の中には、間違っていることや正しくないこともたくさんあります。
幸せな人は、悪い面に注目するよりも良い面を探そうとします。反対に不幸な人は、悪い面ばかり見て文句を言いがち。何か自分が脅かされることはないか、いつも恐怖を抱いているのです。
広い視野を持ち、偏った意見に支配されず物事を見ることができれば、毎日が楽しくなります。

04.
常に他人と比べて
嫉妬心を抱く

150612_30-way-happy
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。