ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好き嫌い多い息子に「頑張って食べよう」という先生に父激怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 周りにいて困ってしまうのが、導火線が短い人。埼玉県に住むダンス教室のインストラクター・Fさん(37才)は、宅配業の夫(34才)と5才の長男、2才の長女と4人暮らし。その夫が導火線が短いのだという…。

 * * *
 悪い人じゃないんだけどね。ダンナほど導火線の短い人は見たことがない。この前も、息子が通うT幼稚園の先生としょうもないことでモメたわけ。

 ダンナは自分が子供の頃から食べ物の好き嫌いが激しいから、息子にも「好きなものだけ食べろ。嫌いなものなんか食べなくていい」って言うの。

 でも幼稚園の先生は「ひと口でもいいから、がんばって食べてみよう」って言うじゃない。息子からその話を聞いたとたんよ。

 わざわざ幼稚園まで押しかけて行って、「子供が嫌いなものを食わせるなッ」と、ダンナが言えば、幼稚園の先生も“食育”の理論で応戦して、最後はダンナが「明日からF幼稚園に転園させる」ってタンカを切っちゃった。

 転園すると、新たに入園金やら新しい制服、体操着、通園バッグも買わないといけない。それでも「男に二言はないッ」とムキになって…。

 F幼稚園に行くには、T幼稚園の前を通らなくちゃならないのね。お世話になった先生に見つからないよう、早足で。でも近所のスーパーでも、バッタリ会ったりして、気まずいなんてもんじゃない。

 そのたびに親子3人でコソコソと逃げ回るの、もう、イヤッ。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
幼稚園発表会 「ウチの子は子役養成所に通ってる」で主役変更
スマホに変えた途端ネットオタク化妻 嘘情報信じ言いふらす
仕事と私生活を区別したい幼稚園先生 園児と会っても無視する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。