ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドル応援アプリ『CHEERZ』が繋げたnotall×FES☆TIVE バンコク以来の競演大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月23日 FES☆TIVEが定期的に行っているライブイベントの最終回【「FES☆TIVE定期ライブ」第1章完 定期最終回スペシャル~バンコクでの競演再び~】に、アイドルグループ notallがスペシャルゲストとして登場した。

 実はこの2組、今年5月15日~17日の3日間、タイ・バンコクにて開催された、約10万人を集める大規模ジャパンフェス【Connect Japan 2015】のステージでも競演したばかり。元々はアイドル応援アプリ『CHEERZ』内で行われた「タイでのライブ主演権」をかけたイベントにて競い合ったライバルでもあった両グループ。だが、1位と2位に選ばれ出演の権利を獲得したnotallとFES☆TIVEは、異国の地・タイでの滞在中に親交を深め、ファン同士の交流も生まれ、この度、FES☆TIVE主催定期ライブ最終回という特別な日に再度の競演が実現する事となった。

 当日のイベント内での転換中には両グループがステージに立ち、トークを展開。タイでの思い出を語り合ったり、notallの活動の定番である「フリー写メ」に合わせてFES☆TIVEも混ざり合って合同撮影会も実施。ステージにカメラやスマホを向け楽しむファンの姿が多く見受けられた。今後も共に競い合い、支え合いながらも、共にアイドルとして成長していく両グループに注目してほしい。

◎FES☆TIVE坂元由奈コメント
FES☆TIVEの定期公演は実は私の生誕祭が第一回だったんです。最初はどの位来てくれるのかとか何もわからない状態でとっても不安でした。でも会場がパンパンになるぐらいたくさんのファンの方がきてくれて本当に嬉しかったし、ゲストさんが来てくれたりトークコーナーができたりと定期ならではのことができて毎回新鮮でした! 今回もタイ遠征で仲良くなったnotallさんがゲストで来ていただいてとっても盛り上がっていたし私もはじで沸いてました!w 今日も最高のお祭りでした!! 定期公演はFES☆TIVEを目的として来てくれるライブだと思うので毎回こんなにみにきてくれてありがとうの気持ちでいっぱいでした!! 定期公演第一章完ということで! また新しいステップに進めるようこれからも精進していきたいと思います! 応援よろしくお願いします!

◎notall渡邊ちこコメント
CHEERZさんの企画でタイ遠征が決まったnotallは、関東でしかLIVEをした事がなかったため、初めての遠征! しかも海外遠征…! という事でとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。応援してくれた皆様がいたからこそ、この様な機会をいただけた事感謝いたします。 CHEERZさんのイベントでは最後の最後までライバルだったFES☆TIVEさんとはタイで一緒に食事をしたり、写真を撮ったりと、とっても距離が縮まり嬉しかったです!! そして FES☆TIVEさんの定期LIVE最終章に呼んでいただき、とても楽しみにしていました!! 心優しいフェスティバーの皆様も温かく迎えいれてくださり、トークの時間はFES☆TIVEさんもFREE写メになりとても楽しい時間が過ごせました! 会場にいたファンの皆さんの盛り上げでタイのLIVEを思い出す様な盛り上がりで、最高のLIVEができました! FES☆TIVEさんの大好きな曲(私が一番好きな曲はタイコちゃん□(□=ハート))も聞けて本当に会場全体が盛り上がり、皆が1つになった気がしました。いや、1つになりました(笑) CHEERZさんのイベントを通し、こうして同じ夢を持つアイドルさんと一緒に過ごせた時間は私の中でもとても大きな成長に繋がりました。タイ遠征のチャンスを掴ませてくれたいつも応援してくださる皆様の力があったからこそ、こうして素敵な時間を過ごせた事。心から感謝しています。そしてCHEERZさん!!! アプリを開発してくれて本当に有難うございます! と大きな声で伝えたいです□(□=ハート)!

関連記事リンク(外部サイト)

『CHEERZ』選出アイドルnotall&FES☆TIVE 10万人規模のジャパンフェス参戦で大盛況
DJ恋汐りんご(バンもん)/Stella☆Beats/妄キャリ/山口活性学園/ゆるめるモ!/愛乙女★DOLL【iCON DOLL LOUNGE】出演決定
小桃音まい/じゅじゅ/drop/プティパ/Luce Twinkle Wink☆『CHEERZ』1億CHEER突破記念フリーイベントに集結

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。