体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSで大人気の「ハリネズミのまるたろう」から学ぶ、”いやしカワイイ”のスマホ撮影テク

高機能なカメラと様々な便利撮影モードを搭載したスマートフォンを携えて編集部が訪れたのは、Twitterフォロワー8万人、Vine13万人越え……と海外でも話題沸騰中のブロガー「ハリネズミの”まるたろう”」の飼い主@hedgehogdaysさん。

丸々したハリネズミの愛らしさと、@hedgehogdaysさんによるちょっとした遊び心が爆発的な人気を博し、写真集やカレンダー発売など引っ張りダコの”まるたろう”ですが、人に懐きにくいハリネズミだけに被写体として動きも予想外なんだとか。それでもベストショットを逃さない@hedgehogdaysさんは、スマホを使って、どのように撮影しているのでしょうか。

――これまで、飼い主@hedgehogdaysさんのブログでは、自身の姿は写ることがなかっただけに貴重な1枚! 今回は(撮影術を伝授していただくということで)、腕まで撮影シーンを許可していただきました!

@hedgehogdaysさん

「まるたろうは人懐っこいほうだと思うのですが、ほかの3匹も含め、一般的にハリネズミはものすごい臆病な性格で、警戒心も強いのが特徴なんです。だから、一眼レフのカメラで撮影しようとすると、ガシャンッと大きなシャッター音などにビックリしてしまったり、カメラ自体の大きさや迫力に対しても警戒心をもってしまうのですが、スマホでの撮影は、まるたろうがリラックスした姿を撮影できてよかったです」

――まずはファンにはお馴染み、@hedgehogdaysさんの遊び心が効いた手描きマスクを装着したまるたろうの面白画像から。下の2枚の写真、同じ「歌舞伎(KABUKI)マスク」を装着したまるたろうですが、目の表情がまったく異なるのがおわかりでしょうか!? 高いISO感度のスマホなら、高感度を実現し、一瞬一瞬の表情も逃がしません。

凛々しいまるたろう

目がパッチリ! まるたろう

――@hedgehogdaysさんから、撮影のコツをレクチャーしてもらいました。

@hedgehogdaysさん

「手描きマスクと撮影する時は、まるたろうの鼻先にマスクが付かないように、マスクをけっこう手前に離して撮影するようにしています。そこで、まるたろうにマスクがより一体化して見えるように工夫しているのですが、今回の撮影では、自動で全面に焦点が合ってくれるので、遠近感が出にくいところがいいですね」

――さらに、最新のスマホのカメラには、AR(拡張現実)など、遊び心をくすぐる機能を搭載している機種もあります。試しにARを使って、3Dイラストをコラージュして撮影した “不思議の国のまるたろう”がこちら!

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会