ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホに息を吹きこむだけで、ガンや糖尿病を発見!イスラエル発、最新デバイスがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イスラエル工科大学のHossam Haick教授が、スマホと組み合わせて使うことで様々な病気を検知出来る小型のデバイスを開発している。

ちなみに、呼気から疾病を検知できる機器自体はすでにある。しかし、より小型化を進めているのが、特筆すべき点だ。これが実現すれば、携帯可能なデバイスに息を吹きかけるだけで様々な病気や、ガンなどの腫瘍も早期発見できるようになる。

Reference:Veracidad Channel

「The SNIFFPHONE」はアルコール検知器のように利用でき、安価に病気を認識できる新しいデバイスだ。呼吸に含まれている分子を認識、情報化してスマホへと送信する。

すでに680万ドル(約8億5000万円)もの投資を受け、製品化へと開発が進められている。小さく、安く、わずかな電力で病気を早期発見できるとあり、途上国への普及も期待されている。

ガンは体臭にでる!?

CNN」の記事では、同様に臭いによるガンの発見法を研究しているフィンランド・タンペレ大学の、Dr. Niku Oksalaのコメントが掲載されている。

「人の体臭にはガン特有の臭いがあらわれる。そして、その臭いを元に、ガンの有無を判断することは比較的簡単だ。しかし、その臭いの構成パターンを数値に変換することがとても難しい」

実際、過去には犬の嗅覚に頼ったガンの早期発見法が話題になることもあったが、ガンの種類を特定できないなど実用的ではない部分も多かった。

「The SNIFFPHONE」を開発したHossam Haick教授は、2006年にも肺がんを検知できる装置「NaNose」を実用化している。チューブに息を吹き込むだけで、その臭いを構成している分子構造を分析し、数値化できる。ちなみに肺ガンを検知できる確率は90%だそうだ。その実績も、今回のプロジェクトへと高い期待が寄せられる要因の1つだ。

今後は、あらゆる病気が
スマホで確認できるようになる?

このシステムの開発が進めば、ガンだけではなく様々な病気が感知できるようになる。例えば、英「Owlstone」社で開発されているデバイスでは、将来的に糖尿病や結核を早期発見できるようになるという。

近年はウェアラブルデバイスによって、脈拍や体温を計測することができるようになり、簡易的な健康診断を行うことも可能になってきた。しかし、近い将来には各個人がもっと手軽な方法で、あらゆる病気をチェックし、知ることができるようになるかもしれない。

Reference:The SNIFFPHONE,CNN,Owlstone

関連記事リンク(外部サイト)

ビールに隠された「10の健康効果」がすごい!ガン、脳卒中、糖尿病にまで・・・
倫理的な問題も・・・「サルの頭部移植手術」が実施へ
映画やドラマで感動する人は、脳内のたんぱく質が物理的に濃い!科学者が共感力の証拠を発見

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。