体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実体験】わたしの腸内環境が最悪だったときに起きた5つのヤバい症状

kenkou3

当ブログでは「腸内環境はめっちゃ大事!」という話を何度も書いてますが、かくいうわたしも3年ぐらい前は最悪のコンディションだったもので。とにかく下痢と便秘のくり返しが続き、いつも口のまわりに吹き出物ができ、つねに肌はアレルギーで真っ赤だったんですが、当時はよく原因がわかっておらず、いたずらに抗ヒスタミン薬を乱用しておりました。

・腸内環境の改善こそ最強のライフハック
ところが、ここ数年ほど本気で腸内環境の改善に取り組んだところ、まずは肌荒れが完治してお通じが安定。ついでに夜中にぐっすり眠れるようになり、以前より頭がスッキリした感じになってビビりました。腸内環境の改善こそ最強のライフハックかも! とか思ったもんです(笑)。

・腸内が荒れていた時代に味わった症状
というわけで今回は、わたしの腸内が荒れていた時代に味わった症状についてまとめておきます。似たような問題で悩んでる方には、参考になるかもしれません

kenkou2

1. 鬼のような消化不良
腸が悪いので、当然ながら消化の問題は日常茶飯事でした。たとえば、以下のような症状がありました。

「腹がつねに張った感じで不快感バツグン」
「粉物を食べると胸やけが発生」
「酒を飲むたびに激しい下痢」
「そのくせ急に訪れる便秘」

いま思えば、軽いIBS(過敏性腸症候群)だったのかもしれませんね。当時は市販薬でしのいでましたが、あくまで表面的な症状が一時的にやわらぐだけなんで、いっこうに解決にはならず。

kenkou4

2. なんか頭がボーッとする
なんか、いっつも頭にモヤがかかった感じで、よくわからない不安が襲ってきたり。当時は「そういう性格なのだ」と思って納得してましたが、ここ数年で腸内環境とメンタルの関係がハッキリしてきたり、実際に自分の頭がスッキリした経験をしたせいで、「あれは腸が原因だったのか!」とか思っております。

ちなみに、頭のモヤ・不安・うつ病のほかにも、腸内環境の悪化は強迫性障害や自閉症にもつながってますんで、ちょっと注意したいところです。

kenkou5

3. 野菜を食べてるはずなのに栄養不足
自分では十分な野菜をとってるつもりだったんですが、血液検査ではなぜかビタミンB群やミネラルの不足を指摘されるケースが多かったんですね。いま思えば当然で、腸には重要なビタミンやミネラルを作り出す働きがありまして、状態が悪化すれば必須の栄養素が足りなくなってしまうのでした。具体的には、以下の栄養素が足りない。

「ビタミンD」
「ビタミンK」
「ビタミンB群」
「マグネシウム」

kenkou1

4. 地獄のような肌荒れ
子どものころから肌荒れがヒドく、とくに冬場は口のまわりに亀裂が走り、謎のできものがふくれあがったりして、そのたびにステロイド剤を塗りたくっておりました。その他の症状としては、以下のようなものに悩まされておりました。

「定期的なアゴ周辺のニキビ」
「ほお骨あたりがつねに赤い」
「腕まわりに赤いポツポツができる」
「背中に湿疹が大発生」

当時は「肌が弱い体質なのだ」と思い込んでたんですが、いまは全ての症状がおさまってしまったので、やはり「腸が原因だったのか……」と納得せざるをえない感じ。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy