ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏までにヤセる! 話題になった”家の中ダイエット”を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏が近づいてきて、薄着になることも増えてきている。半袖から出た腕や、薄着のTシャツで目立つポッコリお腹などが気になる人も多いのでは…。梅雨の時期は外でジョギングもしんどいし、できれば家の中でどうにかしたい。

そこで今回は、夏前に痩せたい!という方のために、過去話題になったさまざまな”インドア”ダイエットを振り返ってみたい。
1.おにぎりダイエット

ミュージシャンのつんく♂がブログで公開した『おにぎりダイエット』は、1日1~3合のおにぎり(またはご飯)を食べるというもの。

おにぎりの数は、朝は1~2個、昼は2~3個、夜は1個もしくは野菜のみ。おかずは野菜中心で、肉や魚、油脂、間食はNG。通常ダイエット中には避ける方がよいと言われる炭水化物の塊・おにぎりを食べるという、逆転の発想が注目された。

1品のみ食べ続けると栄養が偏りがちなので、1~3週間という期間限定で行うのが良いそうだ。お金がない学生時代に、筆者もご飯ばかり食べ続けていた時期があったが、痩せたという覚えはない……。ただしご飯の味に飽きてしまう為、意外と食べすぎることはなく、太るということもなかったかもしれない。2.踏み台昇降運動ダイエット

これぞ、家の中でできるダイエットの究極の形。踏み台昇降運動は、学生時代スポーツテストなどで体験した方も多いだろう。

小さな台が1つあれば、畳半畳のスペースで出来てしまうという手軽さが受けた。ジムに通う時間がない……、という人でもOK。音も出ないので、早朝や夜中など時間を問わずできるのも便利だ。手ごろな台がなければ、雑誌を束ねて粘着テープで留めてつくることもできる。

筆者も“テレビドラマ1話分昇降運動”と決めてトライした経験が。あっという間に時間が過ぎるので意外と長続きしたが、運動が緩やかな分、すぐにはダイエットの効果が出ないのが難点。急激な結果を求めず、毎日少しでも運動をして、着実に痩せたいという人にはおすすめだ。3.ビリーズブートキャンプ

日本でも一大ブームを起こしたDVD『ビリーズブートキャンプ』。米軍の新人向け基礎訓練『ブートキャンプ』をベースとしたエクササイズである。

ビリー隊長のやたら威勢のいい掛け声に励まされ、激しいエクササイズでも頑張れてしまう……、という仕組み。7日間の短期集中型ダイエットなので、来週までに痩せたい!という時間のない人にはよいだろう。

筆者もブームに乗せられてブートキャンプに入会した一人だが、友人と競いながらダイエットしたため、短期間でかなり効果が出た。ただし本当にキツイ運動なので、結果が出たあとはパタリと辞めてしまったが……。

初めて知ったという人も、今は辞めてしまったという人も、興味のあるダイエット法はあっただろうか。ほかにも、「朝バナナ」「ロングブレス」「骨盤まくら」と、さまざまなダイエットが過去話題になっていた。

ダイエットを成功させる一番のコツは継続すること。今から始めれば、夏前には自信を持って薄着や水着になれるに違いない?!
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/25/92029/

【住まいに関する関連記事】
夏バテ防止にも効果的! クエン酸を使ったさっぱりおいしいレシピ
風邪予防におすすめ! 自宅でつくれる健康レシピ3選 
歩いて貯めて景品抽選! 「よこはまウォーキングポイント」って?
歯磨きをもっと楽しく! スマホ連動“スマートハブラシ”って何?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP