体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊娠前にしておくべき「3つの心構え」。不安を解消するために・・・

150530_useful-topics-before-pregnant

人間なら誰しも未体験のことに対して、少なからず不安があるもの。ましてや、「新たな生命を授かる」となるとなおさらです。

mindbodygreen」に女性ライターJudy Tsuei氏が書いたこの記事は、将来そうした不安と闘うであろう女性を対象に、3つの心構えを説いたもの。実体験に基づくリアルな描写は、目を通しておいて損はないはずです。

shutterstock_120818578_R

大半の人は、妊娠中について多くのことを語ろうとしないもの。なぜなら、それはタブーだから。

妊娠して初めての経験にパニックになったり、つわりがひどくて起きるのが辛いと感じることもある。でも、妊娠を通して経験するすべてのことは、純粋に喜ぶべきであると信じたい。だから、悩みを打ち明けることもなければ、情報をシェアすることもない。

私が妊娠してから最初の三ヶ月は、まるで最悪の二日酔いが長期間続いたようなものだった。目の前が歪んで見える変な夢を見て、夜中に何度も目が覚めたりしたこともある。それなのに、「なぜ周りはこんな辛いことを誰にも話さないでいられるのか」と、ずっと不思議に思っていた。

おそらく、他の母親たちは、「赤ちゃんを実際に自分の腕で抱いた瞬間に、今までの苦労が全て消え去ってしまった」と答えるはず。もちろん、それもあるとは思う。でも、私は妊婦の実態をもっと他者と共有すべきだと思っている。自分のお腹に手を当てて、必ずしも心から笑顔でいられるわけじゃないことを認めたっていいはず。

今から説明することは、私が妊娠する前に実際に知っておきたかった3つのこと。過酷な試練に何度遭遇しても、自分が孤独じゃないことを強く感じられるはず。

shutterstock_150533705_R

 01.
周りからの「好意」や「愛情」を
しっかりと受け止めて

shutterstock_117259519_R

自分の手には負えない状況で他人に身を委ねるのは、かなり心を許していないと難しいもの。最初の頃は、1日中ベッドに寝たきりでほとんど一人で過ごす時間が長かった。ごはんを食べる時でさえ、起き上がることができなかったのを覚えている。

その状況は非常に過酷だった。つわりは突然襲ってくるので、トイレの前でずっとひざまづいた状況になったことや、トイレまで間に合わない時はキッチンのシンクに吐いたこともある。くしゃみや咳の時、笑った時に少し尿が漏れてしてしまったこともあった。

だからこそ、人に「どう甘えるか」を学ぶには、妊娠は良い機会だと思った。人が助けを申し出てくれた時に、それを受け入れられるようになることで、もっと周りとの関係は上手くいくもの。人に好意を捧げるより、自分が受け取ることの方が難しい。でも、そうできるようになってからは周りがどれだけ思いやりと愛情を持って自分を助けようとしてくれているかが分かった。そうやって、より深い関係を築けるようになった。

02.
新たな生命のために「働いている」
それだけは覚えておくべき!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。