ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『今夜も生でさだまさし』(NHK総合)は、深夜に生放送されているバラエティー番組。さだまさし(63才)が、はがきをよむラジオのようなスタイルの番組で、生歌が披露されることも。

 今回、そんな「生さだ」の77回目となる横浜・氷川丸からの放送回に密着取材を敢行した。

 さだが現地に入るのは本番の約3時間前となる午後9時。スタッフへの挨拶を済ますと、ギターを持って軽く音合わせを行う。しかし、本番で歌うかどうかは“その時”まで未定。

 午後9時30分、楽屋に入り、扉を閉めきってさだは、投稿はがきをすべてチェック。その日に読むはがきと順番を自ら決める。その間、約2時間半!

 とにかく魅了されてしまった。さだが現場入りしてから帰るまでの約5時間半(番組は1時間半)。観客の前でも、私たちの前でも、スタッフの前でも、さだまさしはどこまでも自然体でさだまさしのままでした。

 本番開始の5分くらい前に、ふいに彼が私たちの前に現れた。スタッフから女性セブンで8ページの企画をすると聞くと、うれしそうに、「え~っ、そんなにやってくれるの~?」とニッコリ。

 その笑顔で、その場にいた人は皆、緊張した面持ちだったのが、つられたように笑顔になる。「今日は地震すごかったね~」と、話しかけてくれたので、「さださん、電車は大丈夫でしたか?」と、思わず質問すると、「ちょうど新幹線を降りて車に乗るところだったから大丈夫。ありがとう」とまたニッコリ。放送中は、はがきを読み、観客を笑わせ、ジーンとさせ、考えさせ、歌を歌い…。すべては信頼するスタッフのもと、さだの即興によるもの。スゴイ。さだまさしは「スゴさだ」でした。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
さだまさしの被災地支援コンサートはNHK『生さだ』がきっかけ
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
ANN担当したイルカ 心配した両親が視聴者のふりして投稿

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP