ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2度目の米遠征中に力道山死去 G.馬場が帰国しなかった理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、プレーイング・マネージャーのフレッド・アトキンスと合流した馬場の2回目の長期アメリカ遠征の足跡を追う。

 * * *
 馬場が日本を離れてから2か月後の昭和38年12月15日、力道山が死去した。馬場が訃報を耳にしたのはそれから2日後で、日本に滞在中だったグレート東郷からアトキンスに電話が入り、馬場はアトキンスから、その知らせを受けた。日本プロレス協会関係者からは、馬場への連絡はなかったという。

 馬場がすぐに帰国の途につかなかった理由については、アトキンスが「東郷がすぐ日本から戻ってくる。東郷と相談しろ」とアドバイスしたためとされる。

 一方、日本では力道山の突然の死からわずか2日後、日本プロレス協会の新体制が発足、東郷に対し“絶縁状”を突きつけていた。

 日本から馬場への連絡はすべて東郷-アトキンス経由だったから、馬場は不安を抱えながらも予定通りにスケジュールを消化しつつ、昭和39年の新年―海外での3度目の正月―をカナダで迎えたのだった。

 昭和39年2月から3月にかけて、馬場はNWA、WWWF(現在のWWE)、WWAの米メジャー3団体の世界王座に連続挑戦という快挙を果たす。

 NWA世界王座は前年の昭和38年1月、B・ロジャースから“鉄人”ルー・テーズに移動。馬場は2月8日(デトロイト)と2月15日(シンシナティ)、テーズの王座に連続挑戦し、敗れはしたが両興行とも1万人クラスの観衆を動員した。

 テーズとの世界戦から2日後の2月17日、馬場はニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦でB・サンマルチノのWWWF世界王座にも挑戦。

 60分3本勝負で争われたタイトルマッチは、サンマルチノが1本先取後、ニューヨーク市条例のカーフュー(午後11時で興行中止)による時間切れでサンマルチノが王座防衛に成功した。

 この試合は1万4764人の観客を動員し、4万4219ドル(1ドル360円換算で約1590万円)という当時としては記録的な興行収益をはじき出した。

 翌18日、西海岸に移動し、WWAエリア入りした馬場は、2月28日(ロサンゼルス)、3月20日(ロサンゼルス)、3月27日(サンディエゴ)の3興行でフレッド・ブラッシーが保持するWWA世界王座に連続挑戦。

 それぞれ1-1のタイスコアから時間切れ引き分け、両者リングアウトによるドロー、ブラッシーのフォール勝ちで馬場の王座奪取はならなかったが、どこへ行っても主役扱いの馬場の商品価値はすでに“チャンピオン”のそれだった。

 馬場はこの時、東郷から“10年契約”の専属契約書を提示された。東郷は「日本のプロレスはもう終わりだ。アメリカに残れ」と馬場を説得し続けたという。

 しかし、馬場は東郷との契約書にはサインをせず、ロサンゼルスでの日程を切り上げ、ハワイで1試合だけ行ない、4月2日に日本に向けて帰国。翌4月3日、羽田空港から蔵前国技館に直行し、『第6回ワールド大リーグ戦』開幕戦のリングに滑り込んだのだった。

■斎藤文彦(さいとう ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
G馬場 渡米した猪木に持っていたドルを全額渡し感謝された
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「G馬場は1960年代の米遠征1年間で1億稼いだ」との証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。