ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画と一緒に『梅しば』を!? 夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうなフレーバー『シネマイク ムラオカの梅しば味』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


休みの日に、彼氏・彼女や友人・サークル仲間たちと一緒に映画館へ行って、ポップコーンを頬張りながら映画を楽しむ――。

良くある風景ですが、近年ではポップコーンも多種多様になり、定番の塩味だけでなくキャラメル味やバターしょうゆ味などなど様々なフレーバーを楽しめるようになりました。

そんな中、今の時季の暑苦しさを吹き飛ばしてくれそうなフレーバーが、今月(2015年6月)12日より全国のTOHOシネマズで発売されています。


そのフレーバーとは『シネマイク ムラオカの梅しば味』。

1985年に発売された『ムラオカの梅しば』は、梅を丸ごと一個漬物にしたものをスナック感覚で食べられるように個包装してある商品。

コンビニやスーパー・駄菓子屋などで幅広く売られているので、見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そんな、ロングセラー商品『ムラオカの梅しば』の爽やかな酸味を再現したという新フレーバーは、ふんわりサクサクしたポップコーンの食感とさっぱりとしたカリカリ梅の味わいがよくマッチしているのだとか。


現在公開中の話題の映画といえば、ディズニー映画『シンデレラ』『トゥモローランド』や、『予告犯』『新宿スワン』『ビリギャル』などの邦画。

話題の映画を楽しみながら『シネマイク ムラオカの梅しば味』を食べれば、前日に夜更かししてしまったり寝苦しくて寝不足という人も、ウトウトすることなく映画を楽しめそうですね。

『シネマイク ムラオカの梅しば味』は、全国TOHOシネマズ63劇場にて360円(税込)で発売中です。

※この記事はタウンワークマガジンはガジェット通信で共同制作しました。

文:北島要子 企画:ガジェット通信
■参照■
・ジャパンフリトレー・ホームページ
http://www.fritolay.co.jp/
・プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/63323

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP