ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここでしか食べられないチキンカレーの奇跡 / マリーアイランガニー

DATE:
  • ガジェット通信を≫
maree

チキンカレー
1100円

このカレーとチキンが出会ったのは、紛れもなく奇跡だ。「このカレー」に「このチキン」が出会わなければ、ここまで絶品なる至福の料理には仕上げられなかっただろう。食材を出会わせたシェフのスキルに敬意を表する。

・マリーアイランガニー
オープンしたばかりなのに、カレーマニアの間で「スリランカカレーの名店」と呼ばれている店が渋谷にある。それが『マリーアイランガニー』だ。

maree1

・スパイスが効いたカレー
マリアイランガニーのカレーはどれも美味しいが、特に注目されているのがポークカレーだ。トロトロになるまで煮込まれた豚肉が、崩壊寸前の柔らかさでギリギリ固形の状態を保っている。そこにスパイスが効いたカレーをかけ、ライスとともに客に出される。もちろん絶品だが、今回はチキンカレーをご紹介したい。

・大量のスパイスでカレーが構成
チキンカレーは鳥のもも肉が骨ごと豪快に投入されたカレーで、大量のスパイスでカレーが構成されているため、ひとくち食べれば『マリーアイランガニー』でしか体験できない味が広がる。

maree2

・食べれば食べるほど身体に良いものを食べている
スパイスと効くと辛いのではないかと思うかもしれないが、チキンカレーは極めて爽やかな辛さを保っている。辛いという意味でのスパイスというより、自然という意味でのスパイスと認識したほうが良い。「食べれば食べるほど身体に良いものを食べている」という感覚に包まれるのだ。

・スパイスを受け止めるクッション
確かに辛いのだが、スゥーッと喉を通る爽やかな感覚。そこにさっぱりとした存在のチキンが現れ、スパイスを受け止めるクッションとなる。それにより、辛すぎない適度な爽やかさを保っているのだ。

・豪快な味わいが放たれる
しかもこのカレーとチキン、ライスとともに食べるとまたく違う存在へと変化する。瞬時に米粒にカレーが吸収され、米からあふれ出る旨味と結合。今まで体験したことのない、豪快な味わいが放たれる。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/06/21/marie/

マリーアイランガニー
住所: 東京都渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル5F
時間: 11:30~15:00 17:00~23:00
休日: 月曜日(不定休)
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13166471/

東京都渋谷区宇田川町34-6Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。