ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KY男 孫の顔を見るなり「ガッツ石松そっくり、嫁さん似だ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なんとも困ってしまうのが、面白くもない冗談を言って、その場を凍りつかせる空気が読めない人間。もしそんな人が家族にいたら…。山梨県に住む女性Eさん(66才)は、元公務員の夫(64才)と2人暮らし。その夫がとんでもないKY男なのだという。Eさんが、怒りをぶちまける。

 * * *
 若い頃から、つまんないことを言って人を怒らせていたダンナは、“老いてますますバカ”。それはもう、怒るのを通り越して、開いた口がふさがらないわ。

 この前もそう。次男のところは、なかなか子宝に恵まれなくてね。不妊治療の末、やっと孫が生まれたの。

 そしたら、病院で孫娘の顔を見るなり、「あらぁ~、ガッツ石松そっくり。こりゃ嫁さん似だ」って、こう言ったのよ。

 あわててダンナのシャツのすそを引っ張ると、「○○子さ~ん、こうなったら、2、3人、ポンポーンと産んでくれよ」って。これが初めて出産したばかりの人に言うこと?

 あまりのことに、病院の外で怒鳴りつけたわよ。そんなことがあった半月後のこと。今度は長男の家でやらかしたの。

 長男の息子は来年、中学受験。お嫁さんが有名塾のパンフレットを見て、その額に顔をこわばらせていたの。そしたらダンナ、何て言ったと思う?

「ここはひとつ、息子のためにひと肌脱ぐしかないだろ。健太は捨て身で勉強して、××子さんも捨て身。あはは、こっちで稼ぐか?」

 なんと手でボインのマネしたんだから。

「お義父さん、子供の前ですよっ」と、嫁が涙を浮かべて食ってかかれば、「じょ、冗談だよ、冗談!」とダンナ。

 それ以来、どっちの息子ともしっくりいかないの。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『妖怪ウォッチ』グッズ買い占めた父親 息子に威厳を示す
女教師に居残りさせられた男「俺と2人きりになりたかった」
知ったかぶり38才父 TPPとAKBを間違い子供に指摘される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。