ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さだまさしの被災地支援コンサートはNHK『生さだ』がきっかけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「がんばらんば日本」をテーマに、さだまさし(63才)は被災地で復興支援コンサートを行っている。このコンサートはNHK総合で放送されているバラエティー番組『今夜も生でさだまさし』(通称「生さだ」)と縁が深い。

「生さだ」は、深夜0時5分からの生放送。はがきを読むラジオのようなスタイルの番組だ。

 2012年4月29日、NHK和歌山から放送された「生さだ」で、前年9月の那智勝浦豪雨災害を案じ、“いつかお訪ねしたい”と発言。また、嶋津観光協会からの、流れ着いた流木でステージをつくったという呼びかけに“必ず行きますから、横断幕をとっておいてください”と答えていた。

 その後、何とかスケジュールを調整。11月18日、NHK福井での「生さだ」放送の後、バスで南紀に移動。前出2か所でミニコンサートを行っている。終了後の宿までのバス移動を含めると、1日で1000kmという弾丸ツアーだ。

 また、2013年11月24日NHK新潟での「生さだ」で読まれたはがきには、10月の台風により深刻な被害を受けた伊豆大島で、全壊した住宅跡で遺品を捜していた遺族が、泥だらけのレコードを見つけ、「好きだったわね、さだまさし」とつぶやいたという中日新聞の記事を視聴者が切り抜き、番組に投稿。その記事を見たさだは、2014年5月17日に現地を訪れた。

「記事に出てくる遺族のかたが気になり、調べたところ探し当てることができたんです。“これは出動だよな”という、さださんのひと言で、訪問することができました」(「生さだ」制作会社「CRAZY TV」社長・藤村尚道さん)

 空港では、記事に登場した遺族の出迎えを受け、被災箇所を回った後、役場内に設置された会場で復興支援コンサートを行った。『関白宣言』~『関白失脚』という鉄板リレーで笑いをとり計8曲を熱唱。時間ぎりぎりまで伊豆大島のかたがたと楽しんだ。

 スタッフの面々はそんなさだをこう語る。

「約束したことは必ず守る。だから、なんとかして時間を作って出かける。いろいろ制約があるなか、みなさん協力してくださり、スタッフたちはみんな手弁当で出掛けます」(さだの事務所『まさき』の早野秀之さん)

「東北の気仙沼に毎年一緒に行かせていただいていますが、最初に行ったときさださんは、“10年来ます!”と宣言したんです。驚く私に“こんな時こそ人のために働けと神様に言われてるような気がする。さだまさしを有名にしてくれたのは、きっとそういうことなんだよ”と言っていました」(藤村さん)

 60才を過ぎても、心に染みる新曲はじめ、本、映画、ドラマが次々公開される。そんなアーティストは前代未聞だ。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
鶴瓶 番組での被災地訪問の相棒にさだまさしを指名した理由
さだまさし&大沢たかお対談 大沢熱望で名曲が小説化・映画化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP