ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

not少年、but高感度ガール。夏キャップでつくる洗練スポーティスタイル

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏の帽子といえば、ストローハットを思い浮かべる人が多いと思いますが、夏のストローハットは、もはや「あたりまえ」になりつつあります。
自分らしいファッションを楽しみたいなら、じつは女の子の「夏キャップ」が今キテるんです!
なんだか少年ぽくなってしまいそう……と敬遠しがちなアイテムですが、スポーツミックススタイルがトレンドの今、取り入れるだけで高感度なスタイルを作ってくれます。
少年ぽくならないためには、以下の3つのポイントのどれかをおさえればOKです!

さりげなくシャイニー小物をオン


メタリック切替BAG(ムルーア)、シルバーメタリックサンダル(ルフトローブ )
キャップをかぶるとき、手っ取り早く「高感度ガール化」するワザは、小物にシャイニー感のあるものをプラスすること。ギラギラさせるのではなく、あくまで「さりげなく」がポイントです。
一番トライしやすい、ネイビーのベースボール風ワッペンキャップには、ギラつきがちなゴールドより、上品さをキープできるシルバーが◎。

ふんわりシルエットスカートで女子ポイントをプラス


プリーツスカート(アドーア)
キャップが男の子っぽいアイテムだからこそ、より女の子らしいアイテムと合わせると、テイストのバランスを調整できます。
簡単なのは、女の子らしいアイテムの代表格「ふんわりスカート」を合わせること。ただ丈がミニだと、子どもっぽくなってしまうので、ミモレ丈に限ります。キャップと色を合わせると、統一感のあるコーデに。

赤キャップはカーキとしっくり


切替ミリタリーコート(コリアンナセレクト)
上級者は、赤キャップにトライするのもいいかも。黒やネイビーのキャップと比べると、夏っぽさやセンスのよさをもっと演出できます。
赤キャップにコーディネートすべきはカーキ色。カーキには、印象的な赤をうまくなじませてくれる効果があります。ミリタリーテイストが流行の今、デザインもイケてるものがたくさん出ているので、要チェックです。
ガーリー度満点なストローハットもいいけれど、この夏は、キャップファッションにトライ! これまで気がつかなかった自分自身の魅力に、気づかせてくれるはず。
協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』


(グリッティ)記事関連リンク
自分へのご褒美に。「あとちょっと」が叶うオーダーメイドジュエリー
今すぐ真似したい、オリヴィア・パレルモの最旬スタイル
毎朝でも手に取りたくなる、着ヤセTシャツの見つけかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP