ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイヤレス充電のQi規格が新バージョンで15W出力に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワイヤレス給電技術の標準化団体 Wireless Power Consortium(WPC)が最大 15W までのワイヤレス給電が可能な Qi 規格の新バージョン(Qi 1.2)を発表しました。既存の Qi 規格は 5W までの給電に対応していましたが、Qi 1.2 ではその 3 倍となる出力を実現しています。これによって、タブレットなどの大型端末の対応も拡大するほか、スマートフォンだとより短時間で充電できるようになります。Qi 1.2 では 15W 出力に対応したほか、送信機側の発熱テストの改善、タイミング要件の改善、異物検出機能の制限の変更も行われています。Qi 1.2 は現在、WPC メンバーらに対して公開されています。Source : WPC


(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、4GB RAMやツインカメラを備えた「Axon」を米国市場に投入へ
マラソン大会エントリーサイト「RUNNET」のAndroidアプリがv2.0にアップデート、RUNNETアカウントでログインに対応
Microsoft、スマートフォン向け「Office for Android」を正式リリース、誰でもダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP