ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFTTTにAndroid Batteryチャンネルが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タスク自動化アプリ「IFTTT」の Android 版に、バッテリーの残量や充電に関する状態をレシピのトリガーにできる「Android Battery」チャンネルが追加されました。Android Battery チャンネルでは、バッテリー残量が 15% に下がった場合、充電を開始した場合、充電を終了した場合を IFTTT レシピのトリガーに設定できます。例えば、バッテリー残量が低下した際に Wi-Fi や Bluetooth を OFF にしたり、充電を開始したら特定の音楽を再生したり、充電をやめたらミュートモードにする、と言ったレシピを作成できます。他のサービスとも連携させることが可能です。「IFTTT」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、スマートフォン向け「Office for Android」を正式リリース、誰でもダウンロード可能に
Samsung、Galaxy Alphaに近くAndroid 5.1アップデートを配信予定
NVIDIA、GRIDゲームサービスの無料提供期間を7月31日まで延長、GRID Storeを8月にオープン予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP