ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

憲法って誰を規制する法なのでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 刑法では「○○をしてはならない。した者は○○の刑に処する」とあったり、民法では、契約を結ぶ私人間のルールを決めたりしています。つまり、法律には名宛人が存在します。

 さて、憲法でも名宛人として憲法を守るべき相手が規定されています。では、この名宛人に入っていないのは誰でしょうか?

(1)国民
(2)天皇

A.

正解(1)国民

 憲法99条では、憲法尊重擁護義務が規定されています。
 そのなかで、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」と名宛人が示されています。したがって国民には憲法尊重擁護義務がありません。

 これは、憲法が国民の基本的人権を尊重し、国などが(制定される法律を通じて)基本的人権を制約したりしてはならないようにするために定められたものであるという形式によるからです。

 昨今、国会において改憲を目指す動きがあります。憲法を守る義務が課せられた国家公務員が改憲を目指すことは、この条文に反するのでは?という議論もあったりします。

元記事

憲法って誰を規制する法なのでしょうか?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP