ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z3+でどれだけの時間 4K動画を撮影できるのかを確かめてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本体が高温になるとカメラアプリが強制終了する「Xperia Z3+(E6553)」において、どれだけの時間 4K 動画を撮影できるのかを確認してみました。Xperia Z3+ に限らず、最近の Xperia スマートフォンには本体が高温になると勝手にアプリを停止する破損防止機能が備わっています。これは、Sony Mobile のホームページにも注意点として掲載されており、仕様みたいなものです。Xperia Z3+ も同様の機能を搭載しているのですが、今回のテストでは、撮影開始から強制終了までの時間が前のモデル(Xperia Z3)より長いことが判明しました。カメラアプリで 4K モードを選択すると、強制終了を予告するメッセージが表示されます。撮影を開始して 2 分までの間に本体はかなり発熱し、撮影開始から 5 分後に予告メッセージが再度表示されていました。それでも撮影は継続され、結局 10 分 8 秒の間撮影することができました。Xperia Z3 では 7 分で停止したので、前作との比較では 3 分も長く撮影できたことになります。しかし、撮影可能時間は撮影を開始した時の端末の状態や撮影時の気温などによって変わってくるので、いずれの場合でも 10 分も撮影できるとは限りません。今回はオートバイで言うところのコールドスタート状態から撮影を開始したので、発熱については最良の状態で開始したことになります。


(juggly.cn)記事関連リンク
動画配信サービス「dTV」でフジテレビのドラマが7月より順次配信
OPPOの直販サイトで「OPPO R7 北米モデル」の予約が開始、7月初旬発売予定
OnePlus、OnePlus 2用のUSB Type-Cケーブルの画像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP