ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手作り品の売り手と買い手をつなぐ「Etsy」がクラウドファンディングサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雑貨やファッションアイテムなど、ハンドメイドの商品を専門とするマーケットプレイス「Etsy(エッツィー)」。

2005年に米ニューヨークで創設されて以来、3200万点の商品を扱い、世界で140万人もの作家やアーティストらと、2080万人のユーザー、バイヤーをつないできた。

・Etsyがクラウドファンディングに進出

そしてこのほど、多様なものづくりをさらにサポートするべく、独自のクラウドファンディングサービス「Fund on Etsy(ファンド・オン・エッツィー)」を試験的にスタート。

6月16日から8月16日までの2カ月間、米国の一部ユーザーに限り、Etsyのプラットフォーム上でクラウドファンディングが実施できることとなった。

Fund on Etsyは、Kickstarter(キックスターター)などの一般的なクラウドファンディングサービスと同様、資金調達の目的や調達目標額などを明らかにし、一般ユーザーから広く資金を募る。

クラウドファンディングの実施期間において、調達金額が目標額を上回った場合のみ、サポーターからの資金を受け取る仕組みだ。

・資金調達からマーケティング、販売までワンストップで

Etsyは、従来のオンラインマーケットプレイスを通じて、個人の作家、アーティスト、職人や独立系メーカーに、販売チャネルやマーケティングチャネルを提供してきたが、Fund on Etsyが正式にリリースされれば、その資金調達をもサポートできることとなる。

ものづくりのための“ワンストップ型サービス”として、今後の進化に注目が集まる。

Fund on Etsy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP