ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国政府お尋ね者100人リスト トップは「中国第一女巨貪」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 習近平政権の「反腐敗闘争」が苛烈を極めている。この4月、中国政府は海外逃亡した腐敗官僚など100人の名前や罪名を記したリストを発表。さらに、ICPO(国際刑事警察機構)に国際指名手配を依頼した。なぜ、習近平は血眼になって彼らを追うのか。

 収賄、公金横領、詐欺、不正融資……中国政府が公表した「お尋ね者」100人のリストには、全員の顔写真・実名に加え、容疑内容や出生地、逃亡前の役職、逃亡先などが詳しく記載されている。

 リストのトップには「中国第一女巨貪(中国一の女性腐敗幹部)」と称される地方官僚(浙江省建設庁副庁長)、楊秀珠が挙げられた。容疑は汚職。2億5000万元(約50億円)もの大金を不正に取得した。楊は2003年、娘夫婦と孫を連れ、上海からシンガポールを経由して米国に逃亡。中国当局はすでに楊の7000万元あまりの資産・不動産を差し押さえ、現金4000万元以上を回収したとしている。

 国際指名手配100人のうち男性は77人、女性は23人。約半数は党や政府機関、企業、公的機関の長だった経験をもつ。逃亡先は米国が40人と最も多く、次いでカナダ(26人)、ニュージーランド(11人)、オーストラリア(10人)が続く。アジアではシンガポールやタイ、韓国など。日本は入っていない。

 リスト公表後の5月9日には、江西省ハ陽県財政局経済建設係長だった李華波(汚職容疑)が逃亡先のシンガポールで逮捕され、中国に送還された。「お尋ね者」100人のうち、初の逮捕者となった。

 李華波は地方の小さな役所の係長にもかかわらず、2006~2010年の間に9400万元(約20億円)を横領。そのうち約3000万元をシンガポールに送金し、賭博や買い物に使ったという。中国政府から協力要請を受けたシンガポール当局が逮捕・起訴したが、すぐに中国に送還した。

 しかし、実は今回の100人のほとんどは10年以上前から指名手配されていた。今になって大々的にリストを作り公表したのは、習近平政権が主導する「反腐敗活動」の進展ぶりを国内向けにアピールするためとの見方もある。

※SAPIO2015年7月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国社会科学院 海外逃亡の高級官僚1万8000人に上ると推計
中国 海外逃亡公務員は2万人で持ち逃げ不正資金は17.8兆円
中国 北京など大都市で子供を1人育てる費用4000万円の試算

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP