ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームラン急増したヤフオクドーム 東京ドームと神宮は激減

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季のプロ野球では、ホームランに不思議な傾向が出ている。交流戦終了時点(以下データ同)で、セ・リーグが238本に対し、パ・リーグは306本。チームで最多は65本のソフトバンク(SB)で、最低は阪神の29本。この差は、「(阪神や巨人のような人気球団では)とにかく困ったら進塁打を狙う」(元オリックスコーチの河村健一郎氏)など、セとパの文化の違いが背景にあるとの指摘もあるようだが、原因はそれだけではない。スポーツ紙記者が語る。

「SBをホームラン数トップに押し上げている理由として、球場の変化を挙げないわけにはいかない。今季から導入された『ホームランテラス』の影響は大きい」

 各チームが本拠地とする12の球場の本塁打数を昨年と比較してみよう。分析は『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)などの著書がある、野球データに詳しいライター・広尾晃氏に依頼した。

「ヤフオクドームを本拠にするSBは、ここまで31試合で39本塁打と、昨年のヤフオクでの1年分をすでに超えています。ビジター球団のホームランも増え、球場単位で見ると、1試合当たりの本塁打数(1チーム当たり)は昨年が0.52本だったのに対し、今年は1.21本と倍以上のペースです」

 一方で、急激に減っている球場もある。巨人の本拠地・東京ドームと、ヤクルトの明治神宮野球場だ。

「昨年、1試合当たり1.26本と最も本塁打率の良かった神宮が、今年は0.78本と減ったのは、昨年31本塁打のバレンティンが故障で欠場していることで説明がつく。だが、1.06本だった東京ドームが0.64本に半減しているのは謎。対戦相手もホームランが減っている。球場に何か“異変”が起きているのかもしれません」(広尾氏)

 ※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。