ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無料で365日「絶品なるインド朝食」が食べられるバンコクのシーク寺院

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイの首都バンコクは、他社多様な宗教観を持った人たちの坩堝(るつぼ)です。主要な宗教は仏教ですが、イスラム教、キリスト教など、多数の宗教があります。今回ご紹介するのは、シーク教の寺院です。

・飢え死にすることはない
この寺院では無料でインド式の朝食を提供しており、ここにさえ行けば、飢え死にすることはありません。カレー、野菜煮込み、チャパティ、ライス、チャイ、水、あらゆるインド料理を堪能できます。

・誰でも温かく迎え入れてくれる
タイ人でも外国人でも、男でも女でも、仏教徒でもキリスト教でも無神論者でも、誰でも温かく迎え入れてくれます。

ちょっとしたルールがあるので、それだけ守れば誰でも食べられます。

・頭にバンダナやターバンを巻く
ルールも難しいことはありません。頭にバンダナやターバンを巻き、靴を預けて裸足で食堂に入るだけ。テーブルや椅子はないので、床に座って食べます。

ですので、ミニスカートやホットパンツはやめましょう。できれば露出が少ないズボンスタイルが望ましいです。バンダナや髪をまとめるゴムは入り口で貸してもらえます。

・チャイや水は自分で器に注ぐ
食堂に入ったら、バイキング方式でカレーやチャパティを皿に盛っていきます。

チャイや水は自分で器に注ぐこともできますが、オバチャンが歩き回って注いでくれることもあります。

・シーク教に対する勧誘や布教はナシ
食べ終わったら食器をオバチャンに渡して帰るだけ。いっさいお金はかかりません、シーク教に対する勧誘や布教もありません。

ただ飢えをしのぐために行われているシーク寺院の活動なのです(ほかにも理由はありますが)。

・誰でも大歓迎
旅行者、外国人、誰でも大歓迎だそうです。飢えている人も、働いていない人も歓迎するそうなので、経験としてためしに行ってみる価値はあると思いますよ。

Gurudwara Sri Guru Singh Sabha
住所: 571 Chakphet Rd Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon Krung Thep Maha Nakhon
時間: 8:00~10:30(朝食タイム)

571 Chakphet Rd Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon Krung Thep Maha NakhonGoogle Mapで開く
もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/06/24/bangkok-sikhism/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。