ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

千葉県が専門試験免除の「プレゼン面接」コースを創設 社会人が公務員を目指しやすくなるかも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
千葉県が専門試験免除の「プレゼン面接」コースを創設 社会人が公務員を目指しやすくなるかも

千葉県は来年度の採用試験から、「専門試験」を課さないコースを設ける方針を明らかにした。政治学や行政学、憲法などの試験を免除する代わりに、人物重視の選考を実施する。

新たなコースを設けるのは、県庁の事務職員などを採用する上級試験の一般行政の部。専門試験は新卒等(21~29歳)を中心とした「一般行政A」では課せられるが、社会人経験者等(24~34歳)を想定した「一般行政B」は一般教養のみ。代わりに「一般行政B」は、2次試験では従来の面接ではなく「プレゼンテーション面接」が課される。また、A・B共通して集団討論・論文・適性検査の試験がある。
「社会情勢の変化」に対応できる人材を期待

受験者はAとBのどちらのコースに応募するかを選ぶことができるが、社会人経験がなくともBへの応募は可能。担当者は「民間企業で働いていた人のほか、留学経験者や法科大学院で学んでいた人にも応募してもらいたい」と話す。

新コース設立の背景には、公務員数の削減に伴い、事務処理手続きや公務判断の迅速さが求められている状況がある。「社会情勢の変化が目まぐるしい中で対応できる人材」を獲得することが今回のねらいだ。「いろいろな視点を持った人が入ってくることで、職場の活性化につながるのでは」と期待を寄せている。

「プレゼンテーション面接」では、候補者が自分の考えを発表した後に、面接担当者との質疑応答を行うことを想定している。面接時間も長くなるため「より人物をしっかり見ることができる」ことが期待されている。

従来の面接試験と異なるのは、試験管からの一方的な質問に答える受け身的なものではない点。まだ大まかな枠組みが決まった状態で、プレゼンの具体的な方法はこれからの検討課題だが、今年度の採用試験が終了して以降、採用人数や実施方法などを検討していくという。

あわせてよみたい:ニートが1399票獲得! 千葉市議会に立候補の上野竜太郎
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。