ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デュラン・デュラン、新作アルバムを9月リリース ナイル・ロジャース、マーク・ロンソンら参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 80年代“ニューロマ”ムーブメントの火付け役となり、これまでに世界で8000万枚超のレコード・セールスを誇る英バンド、デュラン・デュランが通算14作目となるスタジオ・アルバム『Paper Gods』を、2015年9月11日にリリースすることが明らかになった。

 『Paper Gods』は、プロデューサーにナイル・ロジャース、マーク・ロンソン、ジョシュ・ブレア、ミスター・ハドソンを起用。1stシングル「Pressure Off」には、新世代のソウル・ディーヴァ=ジャネール・モネイをはじめ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリスト=ジョン・フルシアンテや、女優のリンジー・ローハンら豪華ゲストが参加。また、マドンナやU2、ビョーク、コールドプレイ等を手がけたマーク・“スパイク”・ステントが作品のミックスを務めている。

 デュラン・デュランは、前作『All You Need Is Now』でプロデュースを手がけたマーク・ロンソンらと2013年よりスタジオ入り。ロンソンが途中自身のアルバムのためにプロジェクトを離れる期間もあったが、その期間はミスター・ハドソンらとのセッション等に当てられた。また、1986年のアルバム『Notorious』でバンドと共同プロデュースを務めたナイル・ロジャースは今回、「Pressure Off」と「Only in Dreams」の2曲にソング・ライティングとプロデュースで参加している。

 新作について、ベースのジョン・テイラーは、「まさに不可思議な初期のデュラン・デュランの音への回帰なんだ。エッジの効いたポップ・サウンドに、ダークで風変りで実験的な面が共存している。」とコメント。また、ヴォーカルのサイモン・ル・ボンは「自分たちが誇りに思える音楽を作るために、十分な時間を費やすことにしたんだ。僕は自分のお気に入りのアルバムから自分たちの作品をジャッジした。『Horses』(パティ・スミス)、『Harvest』(ニール・ヤング)、『Let It Bleed』(ローリング・ストーンズ)、『Transformer』(ルー・リード)、『Aladdin Sane』(デヴィッド・ボウイ)--これらの名盤に共通するのは、一生を共に過ごせる音楽だってことさ。」と語っている。

 『Paper Gods』はiTunes Storeにて予約受付も開始。アルバムを予約すると「Pressure Off」もDL可能となる。

◎Duran Duran「Pressure Off feat. Janelle Monae and Nile Rodgers」試聴
https://youtu.be/ZYpnpYDQdbk

◎リリース情報
『Paper Gods』
2015/09/11 RELEASE
WPCR-16696 2,200円(tax out.)
iTunes:http://apple.co/1GH2atf

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・リンチ監督のデュラン・デュランのライブ映像作品が4月劇場公開 マーク・ロンソンら豪華ゲストにも注目
デュラン・デュラン、アルバム制作のためナイル・ロジャースとスタジオへ
自身のファンクラブを訴えたデュラン・デュランが声明を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP