ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かまってちゃん、ベストアルバム発売記念ライブで榊いずみと初コラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神聖かまってちゃんが、初ベストアルバム「ベストかまってちゃん」のリリースを記念して、6月23日に東京・渋谷タワーレコードB1にて、インストアライブ「ベストかまってちゃんライブっ!」を開催した。

このライブは「ベストかまってちゃん」を購入したファン350名を集めて行われたもので、当日はタワレボでの生中継も行っていたが、ファンによるライブ撮影、さらに動画配信もOKとする“なんでもアリ”ライブとすることが急遽決定。メンバー自身でライブ配信を行うことの多い神聖かまってちゃんだが、ファンによる全面撮影、動画配信OKのライブはこれが史上初となる。

会場中のファンがスマホを構える中、mono(Key)が「お前ら、カメラOKと言ったら凄いな。壊れても保障しないからな。」と言い、ライブでは「ズッ友」「ねこラジ」を立て続けに演奏。この日はの子(Vo,G)が、30歳になって初めてのライブということもあり「30代初めてのライブ。お前らの心のコメントが読めるんだよ!」と話し、そのまま「天使じゃ地上じゃちっそく死」を披露。「死にたい」と絶叫するの子に、メンバーが新たなアレンジを加えた演奏でこたえた。

さらに「お前らバカになってるか?イエ―!」との子が煽ると、観客と「イエ―!」のコールアンドレスポンス。そのまま「ロックンロールは鳴り止まないっ」になだれ込んだ。続く「あるてぃめっとレイザー!」で会場の熱狂は最高潮に。の子は客席にダイブし、monoがボーカルをとる。の子の「来いよ!」の声と共に会場中が「あるてぃめっとレイザー!!」の大絶叫に包まれた。

アンコールではスペシャル・シークレット・ゲストとして榊いずみが登場。の子が「俺緊張してきた。嬉しくてちびっちゃいそう」という緊張の面持ちの中、ベストアルバムの初回盤でコラボレーションしている「僕は頑張るよっ」を榊いずみと共に演奏。曲途中にはファンと「僕は頑張るよっ!」と合唱する場面も。演奏後の子は「俺はリアルに失神したぞ」と興奮冷めやらぬ様子で話し、榊いずみは「かまってちゃん最高!」と叫んだ。

ラストは「お前ら、ベストアルバム買ってんじゃねー。かまってちゃんはどうなっても、俺は俺で、お前らはお前らだ。一生ついてこい!」という、の子の言葉に会場が湧く中、「ネットであおうぜ」といういつもの言葉と共にステージを後にした。今回のベストアルバム初回盤収録曲では様々なアーティストとコラボレーションしているが、神聖かまってちゃんと榊いずみがライブで共演するのは、これが初となる。

また、2011年に入江悠監督、二階堂ふみ主演により製作、公開された映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』が、アンコール上映されることが決定。下北沢トリウッドにて6月27日から7月17日の3週間上映される。

神聖かまってちゃんの特設ページには、第1弾として、GLAYのHISASHIや先日NHK「MJ」で共演したユースケ・サンタマリアなど数々の著名人の方々から「ベストかまってちゃん」リリースのお祝いコメントが寄せられている。

「ベストかまってちゃん」特設サイト
http://wmg.jp/kamattechan/

「ベストかまってちゃんライブっ!」セットリスト
2015.6.23 タワーレコード渋谷 B1
ズッ友
ねこラジ
天使じゃ地上じゃちっそく死
ロックンロールは鳴り止まないっ
あるてぃめっとレイザー!
アンコール
僕は頑張るよっfeat.榊いずみ(シークレット・ゲスト:榊いずみ)

映画情報
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』アンコール上映
2015年6月27日(土)~7月17日(金)下北沢トリウッドにて上映
監督:入江悠、主演:二階堂ふみ
http://homepage1.nifty.com/tollywood/

リリース情報
ベストアルバム「ベストかまってちゃん」
2015年6月24日発売

初回限定盤(2CD+DVD)WPZL-31016-8 5,000円(税込)

通常盤(CD ※DISC1のみ)WPCL-12088 3,240円(税込)

関連リンク

神聖かまってちゃん 公式ページ:http://www.kamattechan.com/
神聖かまってちゃん WARNER MUSIC JAPANサイト:http://wmg.jp/artist/kamattechan/
パーフェクトミュージックhttp://perfectmusic.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP