ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでも確実に美しいパリでココロを奪われたいならココへ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Hiroshi Sasaya「フランスの旅

こんにちは! TRiPORTライターの内山成美です。
全国各地で梅雨入りが発表され、雨の日が続いていますね。暖かくなるにつれて出てきた「旅への欲求」が雨によって足止めされている人もいるのでは? 今回はそんなときにぴったりな「気候に左右されない&雨で鬱々した気持ちが吹っ飛ぶ旅inフランス」を紹介します。

輝きを取り戻せる場所

私は大学の卒業旅行でバルセロナとパリへ行きました。バルセロナに行きたくて申し込んだこのツアーには、2日間のパリ滞在がセットになったものでした。正直、パリは買い物の街というイメージがあったので、あまり興味はありませんでしたが、セットになっているならラッキーくらいの気分でパリへ。しかし、実際に行ってみると、すごくいい旅でした。

「いい旅」と思わせてくれた場所、そのひとつは教会でした。外観の壮大さ、内観の美しさ。なかでもノートルダム大聖堂やサント・シャペルのステンドグラスは息をのむほどの美しさでした。日本のモノとは違った美しさに、しばしココロを奪われた時でした。

そこらじゅうに名画

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~

パリには様々な美術館がありますが、なかでもルーブル美術館はすごく印象に残っています。なぜかというと、どこかでみたことあるような絵がそこらじゅうにあったからです。「モナ・リザが小さい」「人が溢れている」などという評判をよく耳にしますが、私は上野の美術館のほうが混んでいると思いました。

広いので人が少ないフロアもあり、教科書で見たことあるような絵が、柵もガラス張りもなく(「モナ・リザ」にはあります)、間近で観れたことに感動しました。個人的にはドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」が見れたことがとても嬉しかったです。

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~

また、美術館内ではいたるところで講義をしたり、絵を描いている人がいました。このようなことが容認されている自由さにまた少し感動。ちなみに、私が行ったときはたまたまストライキが行われていて、なんとタダで入館することができました! しかし、その1日では足りなかったので、もう1日ルーブル美術館へ。よく「ルーブル美術館は1日じゃ足りない!」と聞きますが私は「2日間でも足りない!」と感じました。ぜひまた行きたいと思っています。

そして美術品の美しさに負けず劣らず、ケーキやガレットのおいしさも素晴らしかったです。いつでも美しく、おいしいパリ。航空チケットの安い時期やあなたのタイミングで、ぜひ行ってみてください。

絶対お得!フランスを攻略するには「ツーリストパス」がおすすめ

(ライター:内山成美
Photo by: Hiroshi Sasaya「フランスの旅

フランスの旅行記はこちら

*Saki Ishizaka「かわいい!パリのおすすめレストラン&カフェ
*emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~
*tabitabi parsley「france2011.1 -パリ編ver2-

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP