ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フライング・ロータスの右腕、サンダーキャット、ハービー・ハンコック参加の新作ハイレゾ配信開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フライング・ロータスの諸作、さらにはエリカ・バドゥのバンドなどでも活躍中のベーシスト、サンダーキャット。

2013年のソロ作『Apocalypse』以来となるミニ・アルバム『The Beyond / Where the Giants Roam』を突如として発表、配信のみでリリースを開始した。OTOTOYでは本作を24bit / 44.1kHz、およびCD並ロスレス音質で配信開始。これは絶対にceroの新作が気にいったのなら聞いてみるべき楽曲だ。

昨年リリースの話題作フラング・ロータスの『You’re Dead』など、諸作はもちろんのこと、彼周辺のLAビート・シーンから、ロバート・グラスパー周辺へとつながるポスト・J・ディラなジャズ・シーン(いわゆる”Jazz The New Chapter”なシーン)にて、すばらしいミュージシャン・シップでその音楽性に貢献しているベーシスト、サンダーキャット。今年頭の世界中の話題をかっさらったケンドリック・ラマー最新作『To Pimp A Butterfly』にも参加するなど、まさに現在の音楽シーンで最も重要なベーシストと言えるだろう。

シーンに注目が集まるなか、まさにその中心にいる彼がこのたび新作をサプライズ・リリース。

その新作『The Beyond / Where the Giants Roam』は、まさにそうした流れを結晶化し、彼のシルキーな歌声を中心としたネオ・ソウルなミニ・アルバムとなっている。

朋友カマシ・ワシントンが参加、ここ最近の彼のライヴ・レパートリーとなっているレイドバックなR&B「Them Changes」(下記すばらしいライヴ・パフォーマンスの動画にて!)。さらにはフライング・ロータスの『You’re Dead』の新作にも参加していたジャズの巨星、ハービー・ハンコックも「Lone Wolf & Cub」にキーボードで参加。フライング・ロータス作品で重要な役割を果たしているミゲル・アトウッド・ファーガソンがストリングスで、〈Brainfeeder〉のショウケース・イベントで来日も果たしているモノ/ポリーもプロダクションで参加している。

なんとなーく、そろそろ新作ではと思っていたら、このサプライズ。フル・アルバムとか、この先、どうなんでしょ?
(河村)

・Thundercat「The Beyond / Where the Giants Roam(24bit/44.1kHz)」
http://ototoy.jp/_/default/p/53670


https://youtu.be/HffP63WF4yo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP