体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【母から娘へ】披露宴の感動スピーチ。現実を知ったとき、思わず胸が熱くなる

cancerdonatelifejpg

幸せそうなウエディングレセプションのひとコマをご紹介します。この動画の主人公は、幸せそうな新郎(Tobiasさん)でも新婦(Ninaさん)でもなく、なぜか新婦のお母さん。

スクリーンショット 2015-06-24 13.47.22

親友のスピーチを終えて、いよいよお母さんの番。Ninaさんも嬉しいやら恥ずかしいやら。

スクリーンショット 2015-06-24 13.29.47

お母さんはNinaさんの幼少期の思い出から切り出します。

「Nina、あなたがまだ小さい頃、結婚するなら絶対にお父さん、それじゃなかったら、あなたがRobertって名前付けていたテディベアのぬいぐるみなんだって、よくママに言っていたわね。あなたがこんな素敵な男性を選んでくれて、本当に安心したわ」

スクリーンショット 2015-06-24 13.29.58

お母さんの昔話に出席者も聞き入ります。そして、話は母と娘しか知らない、こんな内緒話へと急展開。

スクリーンショット 2015-06-24 13.57.59

「この場でママが一番言いたいことは、あなたが2005年のある日、突然Tattooを入れて帰ってきた日のことよ。当時付き合ってた彼の名前で“Jonas Forever”なんて入れちゃって、あれについてはどうTobiasに説明するつもり?ママの言うこと聞いておくべきだったんじゃない?」

スクリーンショット 2015-06-24 13.30.30 スクリーンショット 2015-06-24 14.13.01

お母さんのカミングアウトに、会場からはどっと笑い声があがります。これにはさすがに花嫁もおどけてみせるしかありません。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会