ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​SHANTI、アルバム​発売記念ライヴで実の父であるトミー・スナイダーと共演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年のデビュー以降、リリースするアルバムがジャズチャートの1位を連続して獲得するなど、大人の音楽ファンの中で大きな存在感を示しているSHANTIが、夏を意識した最新アルバム『KISS THE SUN』をリリースした。

今作は2014年11月にリリースし好評を博したアルバム『SHANTI’S LULLABY』の余韻を残しつつ、「全部ハッピーな」(SHANTI談)トラックで構成された、底抜けに明るい夏向けの一枚。​​アイズレー・ブラザーズ、ジャヴァン、そしてシュガーベイブ(山下達郎)の「Down Town」などのカヴァーに加え、SHANTI本人が新たに書き下ろしたオリジナル曲&セルフカヴァーを収録。アコースティック・サウンドを基調にしたポップなグルーヴが印象的だ。さらに、​​メジャー・デビュー5周年を記念して、初のデュエット曲を収録。SHANTIの​​実父であり、あのゴダイゴのドラマーであるトミー・スナイダーがヴォーカルで参加。シンディ・ローパーのヒット曲「タイム・アフター・タイム」を初の親子デュオで収録している。

また、今年の夏を彩るこの一枚を携えて、7月20日には渋谷のJZ BRratにて『KISS THE SUN​』​​​発売記念ライヴも決定した。アルバム収録曲を中心に構成される予定だが、最新情報として、​​スペシャルゲストにトミー・スナイダーが出演、SHANTIとの親子ヴォーカル・デュエットをステージで披露することも発表された。いずれも類まれなる美声と音楽性を持ち合わせた二人の親子ならではの、息の合ったデュエットをライヴで体験できる貴重な機会となりそうだ。

アルバム『KISS THE SUN』
2015年6月24日発売
COCB-54173/¥3,000+税
<収録曲>
・ラッキー☆ Lucky To Have Someone Like You *
・ウェイク・アップ・トゥ・ザ・サン(for”KISS THE SUN”) Wake Up To The Sun *
・フォー・ザ・ラヴ・オブ・ユー For The Love Of You
・タイム・アフター・タイム Time After Time
・ソウル・フード・トゥ・ゴー Soul Food To Go(Sina)
・グルーヴィン Groovin’
・ジャスト・ア・ガール Just A Girl *
・ミッドナイト Midnight
・ラヴ・ゴーズ・アラウンド Love Goes Around **  
※パンパースCM曲
・ソー・メニイ・スターズ So Many Stars
・ダウン・タウン Down Town
(* SHANTI作詞/作曲 | ** SHANTI作詞)

《ミュージシャン》※楽器&参加トラック
SHANTI:Vocals, Chorus
西山“HANK”史翁:Electric Guitar、Acoustic Guitar
木原良輔:Acoustic Guitar、Electric Guitar、Electric Bass、Other Instruments
内山孝洋:Acoustic Guitar、Other Instruments
宮本貴奈:Piano, Rhodes
Penny-K:Piano
金子雄太:Organ
岡沢 章:Electric Bass
鳥越啓介:Acoustic Bass, Electric Bass、Hand Clap
息才隆浩:Electric Bass
鎌田 清:Drums & Percussions、Hand Clap
かわ島崇文:Tenor Saxophone
トミー・スナイダー:Vocal

『KISS THE SUN』発売記念ライブ
7月20日(月・祝) 渋谷 JZ Brat​​
1st:OPEN15:00 / START16:00 
2nd:OPEN18:30 / START19:30
<出演>
SHANTI(vo) 西山“HANK”史翁(g) 木原良輔(g) 小林岳五郎(p, key) SOKUSAI(b) 鎌田清(ds)
http://www.jzbrat.com/liveinfo/2015/07/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
​SHANTI オフィシャルHP
SHANTI、「FaRao PRO presents 音楽を活用した店づくり 体験&交流会」で生ライブを披露

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP