ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のファッションにアクセントを。『20’s風Halo』をDIYで作ってみよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

せっかくのお祭りだから新しいスタイルにトライしたい!

そんなあなたにぜひおすすめしたいのが、自分で作れるヘッドドレス「Halo」。

Haloとは、英語で天使の輪のこと。20年代にアメリカで流行したフラッパースタイルをインスピレーションに、近所のお店で気軽に買えるビーズとフェザーで安く簡単に作れちゃう。花冠より合わせやすくて大人っぽい、フェス気分を上げるヘッドドレス作りにチャレンジ!

材料

・様々な形・大きさのビーズ

・ビーズが通る太さのクラフト用ワイヤー

・様々な大きさの羽

・ハサミ

(・ワイヤーに通せる大きさの穴がついた、透かし細工のブローチやペンダント)

追加:友だちとケーキ、ドリンクがあれば言うことなし。

 

作り方

1.ワイヤーを、自分の頭に巻いたときにフィットする長さに切る。あとで調整できるように、ワイヤーの長さは少し多めにとる。

2.片方のワイヤーの先にビーズを通し、ビーズの下でワイヤーの先をねじって固定する。

 

3.ビーズを通していく。

4.ワイヤーを二重にしてビーズを通していけば、途中でビーズが二手に分けて通せて、飾りっぽさが増すのでおすすめ。

 

5.ある程度までビーズを通したら、ワイヤーの先を、先ほどビーズをとめたワイヤーの根本にくくりつけて輪にする。

6.ワイヤーを数センチ切り、それを羽根に巻き付けて束にする。

 

7.ブローチの穴にワイヤーを通して、何度も羽根の束に巻きつけ、ブローチと羽根を一体にする。細いワイヤーを使えば、何度巻き付けても目立たない。

8.先ほどビーズで作った輪に、羽根とブローチの束を付ける。ブローチの穴にワイヤーを通しながら、束と輪が完全に固定されるまで、ワイヤーを足しながら何度も巻きつけていく。羽根がしっかり頭の上で立てば完成。

 

9.ブローチがない場合は、ビーズとワイヤーで飾りを作る。ワイヤーを数センチ切り、少しずつ間隔を開けながらビーズをとめていく。

 

10.これを羽根に軽く巻きつけてからワイヤーを根本にをくくって結び、固定させる。これで完成!

 

モデル  横田絢子/model  Ayako Yokota

写真・文 吉武若菜/photo & text  Wakana Yoshitake

 

参考URL:Make Your Own Halo

Like a necklace for your head.

『Rookie』01/23/2013

http://www.rookiemag.com/2013/01/make-your-own-halo/

 

 

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP