ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦 握手会でダンスをしながらファンに声をかける神対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月29日付のオリコンウィークリーチャートで、田原俊彦(54)の新曲『BACK TO THE 90’S』が20位にランクイン。ドラマ『逃亡者』(フジテレビ系)の主題歌だった『雨が叫んでる』(1992年8月発売)以来、約23年ぶりのトップ20入りを果たした。この華麗なる復活劇のウラには、苦境の間も支え続けたファンと田原の絆がある──。

 16日、田原は東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で、同曲の発売イベントを行なった。ステージでは同曲に加え、大ヒットソング『ハッとして!Good』『ごめんよ涙』も熱唱。20代のダンサーを引き連れ、キレのあるダンスで、ファンを魅了した。

 歌唱後、囲み会見を終えると、ファンとの握手会が始まった。田原は、BGMとして流れる新曲に合わせて踊ったり、ウサギのポーズをしたりするなど、テレビで魅せるハイテンションのまま、ファンひとりひとりと握手をした。握手会に参加したファンが話す。

「いつも、何かしらトシちゃんから話しかけてくれるんです。頭が真っ白になって忘れてしまうのですが(笑)。決して機械的にこなすことなく、オリジナルの表現で対応してくれるので、喜びが倍増します。目の前でダンスを見られる場合もありますし。最近の言葉でいえば、“神対応”でしょうか」

 会場には、田原俊彦のそっくりさん芸人で、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に“トシちゃん似の男”として出演した原俊作も姿を現した。握手の際、田原が会場を指差し、何かを言うと、原はステージ上でターンし、会場を沸かせた。芸能記者が語る。

「ものまね芸人を快く思わないタレントもいるなか、ファンのいる前で、アピールするチャンスを与えるのは、なかなかできないことです。まして、テレビカメラが回っていたわけでもないですからね」

 約45分間に渡る握手会を終えると、終了までずっと待っていたファンに対し、ムーンウォークや3回転ターンを披露。学生らしき男性が拍手すると、「平成生まれか?」と突っ込むなど、会場は一体感に包まれた。

 最後は、握手会のために用意された机やポスターをみずから片付け、ファンの笑いを誘い、「ありがとー!」と叫びながら会場を後にした田原。ファンを愛するがゆえのサービス精神で、握手会自体を一つのショーにした。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
BIGBANG 日本初の握手会に銀座の歩行者天国大パニック
SKE48古畑奈和 握手会でファンにジャンプする“神対応”で話題
人気SKEメンバー 握手会を“デート”と呼びファンの手離さず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP