ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超口軽女「女の『絶対言わないで』は『言って良い』と同義」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは広告代理店勤務のご主人(47歳)。奥様(47歳)は、口がとても軽いのだとか。

 * * *
 学生時代の友人によると「歩く拡声器」と呼ばれていたそうです。人当たりも面倒見もいいので、すぐに人に信用される妻。相手はいろんな相談や自分の秘密を話すのですが、「ここだけの話だけど」と、秘密の話をすぐ他人に話してしまうんです。

 それでも太々しく、「皆、結局、いろんな人に知って欲しいのよ。じゃなきゃ“歩く拡声器”って呼ばれる私にいうはずないでしょ。女の“絶対にいわないでね”は“いってもいいわ”と同義なの」。なるほど。女性の本質をついていますし、自分が「歩く拡声器」と呼ばれてることを知っているのにも驚きました。

 ただ、これだけ口が軽いと友人が減りそうなのに、逆に増えてるんです。「私、軽い秘密は広めちゃうけど、『墓場まで持っていくような秘密』は誰にもいわないのよ。私がその秘密を持っている以上、バラされるのが怖いから離れていく人はいないわ」「へぇ~。でも、それをどうやって聞き出すんだ?」「簡単よ。自分も『墓場まで持っていくような秘密』を相手に話せばいいの。心理学でいう『秘密の共有』ってやつね」。なるほど!

 でも、妻の「墓場まで持っていくような秘密」が気になります。「教えてくれよ」「いいわよ。私のじゃなくてアナタの秘密。恥ずかしくて人には知られたくないヒ・ミ・ツ!」「オレの? もしかして下半身事情?」「違うわ。それはもう皆に話しちゃってるもの」。バ、バカ! 怒鳴り返そうと思ったけど……それ以上のオレの秘密って、何だよ?

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
すべてが秘密 謎に包まれた超絶美女YURIを独占撮り下ろし
羽生善治の強さの秘密を最古参棋士加藤一二三九段が論じた書
大幅赤字を解消し今や人気者 パ・リーグの経営戦略とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP