体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画放談】女子向け注目ポイントもたっぷり! 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はここが最高!

158461

6月20日より公開となった映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。「ガジェット通信」では特集ページを制作し、連日激プッシュしてきましたが、土日2日間で動員17万4807人、興収2億6478万4500円を記録。6月20日・21日の週末ランキングでは、興収ランキング首位となりました!

ガジェット通信では去る6月10日に本作の魅力を語るニコニコ生放送を実施。「マッドマックス」ファン、映画ファン、そしてこれまで「マッドマックス」に全く関わってこなかった系女子など、バラエティ豊かなゲストをむかえ、座談会を行いました。今回はその座談会の中から、まだ映画をご覧になっていない方、もちろん観たけど何度でも行くよ! という方にむけて、注目ポイントをピックアップ。少し映画の内容に触れていますが、ネタバレではありませんので、どうぞお楽しみください!

マッドマックス 怒りのデス・ロード特集!
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

【座談会ゲスト】
大泉りか:作家、コラムニスト。@ame_rika
女性の恋愛や性についての著書、連載多数。映画好きだが、意外にも「マッドマックス」シリーズを観たのは本作が初。

MUNE:Tシャツブランド「ハードコアチョコレート」代表。 @mune41
バイオレンス映画、プロレスファン。「マッドマックス」シリーズは全て鑑賞、マッドマックスっぽいものが大好き。

高山洋平:株式会社おくりバント社長。@takayamayohei1
『マッドマックス/サンダードーム』に出て来るティナ・ターナーがとにかく大好き。

アンナ:キラキラ広報、ならぬギラギラ広報。ある時はIT企業OL、ある時は水商売事情に詳しいお姉さん。普段はラブコメと3Dアニメしか観ない。

jp-photosub3-rev-mmfr_large

MC:皆さんの「マッドマックス」体験、映画にまつわる思い出ってありますか?

大泉りか:『マッドマックス』が公開された当時、私は1歳で、『マッドマックス2』が公開されたのは8歳だったので、リアルタイムでは観ていないんですよね。でも「親が教えてくれない事は、彼氏が教えてくれる」というセオリーどおり、17歳くらいの頃彼氏が「『マッドマックス』がすごい!」って教えてくれたんです。でもその彼氏はTシャツをジーンズにインする様なダサい人だったので観なくて(笑)。でも、今回観て本当に最高でした! 超カッコいい。

アンナ:普段ラブコメや韓国のドラマの様な映画しか観ないんですけど……。荒野が舞台? 人がたくさん死ぬ!? ってそういった映画を普段観ないので、ちょっとドキドキしていました。でも、マックスの姿を観ているうちにだんだん好きになってきて。これまでは、漫画の様なツンデレキャラにばかり萌えてたけど、マックスの様に無骨で男らしいタイプが一番良いんじゃないかって。

高山:『マッドマックス』シリーズは全部観てますが、3の『マッドマックス/サンダードーム』が最高なんですよ。というか、『マッドマックス/サンダードーム』のティナ・ターナーが最高! あの時、ティナ・ターナーは離婚訴訟が終わったばかりで一番輝いていた。

MUNE:僕は「マッドマックス」シリーズはもちろん、“マッドマックスっぽいもの”全部好きなんですけど、今回もしかしたらシリーズ最高傑作なんじゃないですか? 『マッドマックス』って好きな人、コアファンが多いので、文句言いに観に行く人も多いと思うんですよ。いちゃもんつけたいっていうか。僕もそのつもりで行きましたけどね、メル・ギブソンが出てないとか、70歳のジジイに何が出来るんだとか。でも、そんな気持ちは開始20分で吹き飛びましたね。20分で今年ナンバーワン映画になりました。全てが最高!

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy