体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村カエラ、自身のデビュー記念日にライブハウスツアーファイナルを開催

木村カエラが昨年リリースしたニューアルバム『MIETA』を引っ提げ、2015年3月6日からスタートした5年ぶりのライブハウスツアー【MITAI KIKITAI UTAITAI】が、6月23日のデビュー記念日に下北沢SHELTERでファイナルを迎えた。

6月23日(火)@下北沢SHELTER (okmusic UP's)

下北沢SHELTERといえば木村カエラにとっては思い出の場所。デビュー前、高校生の時に何度もライブを観に通ったライブハウス、下北沢SHELTER。今回のカエラのツアーで帯同したギター、渡邊忍が在席しているバンドASPARAGUSを初めて観たのもここだったそうだ。  

わずか約200人のみに入場が許された下北沢SHELTER公演はファンの想像を超える超接近戦。昨年開催された動員2万人となる横浜アリーナ2daysをはじめ、ホールやアリーナでのライブが多い木村カエラにとってステージとの距離わずか30センチのライブはまさに超プレミアムな公演となった。

残念ながら、このライブを観ることができなかったファンには朗報が。9月2日にリリースされるニューシングルの初回限定盤にはこの超プレミアムライブとなった【MITAI KIKITAI UTAITAI at 下北沢SHELTER】公演のライブ映像が収録されたDVDが付帯する。これまでのライブDVDとは全く違った、超ド級の迫力あるライブ映像になるとの事で、あますことなく当日の熱気を体感できるだろう。初回限定盤シングルの予約はすでにスタートしているので、買い逃しのないように!

【ライブレポート】
熱狂と絶叫の1時間40分だった。観客はたったの200人だが、その歓声やかけ声は最初から最後まで途切れることはなかった。「Magic Music」で高くジャンプし、「sonic manic」で雄叫びをあげ、「BEAT」では激しくギターをかき鳴らし、“最強のセットリスト“がならぶ「one more」から「マスタッシュ」までの4曲ではダイバーが乱立。観客の熱気と汗でサウナ状態になったなか、モニターに乗り、天井に手をつけて歌ったカエラも同じく、大粒の汗をかき、興奮と感動がないまぜになった幸せそうな表情を見せていた。デビューから11年を超え、キャリア史上最小キャパシティのライブハウスで行われた特別なライブを目撃できたことはとても貴重な体験だったし、いまもまだその余韻が、途方もなくエネルギッシュでスピード感あふれる熱気の塊が体に残っている。

デビュー記念日である6月23日(火)に下北沢SHELTERにてワンマンライブを開催した木村カエラは、ひとりでステージに登場し、最新アルバム『MIETA』のタイトル曲を歌った。今年の3 月から全国17箇所 22公演に及んだ全国ライブハウスツアー『MITAI KIKITAI UTAITAI』のファイナル公演。曲中のセリフは各地で変えていたが、この日は「そして今、2015年6月23日。今日は、私のデビュー日でもあり、ツアーファイナルです。みんな、下北沢SHELTERにようこそ! みんなに会えるのを待ってたよ!!」と語りかけ、怒涛のライブがスタートした。彼女はこの曲のなかで<♪すべてはここからがはじまりなんだ>という気づきを得ている。常に<はじまり>を意識すること。それが本ツアーのキーワードの1つだろう。

彼女にとっての下北沢は、デビューのきっかけとなったTVKの音楽番組『saku saku』へのレギュラー出演よりも前、高校生の頃に足繁く通い、現在もバンドのベースを務める4106×××とともに楽曲制作に励み、様々なロックバンドのライブを見に行った場所でもある。また、この日のMCで、デビュー以来、彼女の音楽制作を支えている渡邊忍ことしのっぴのバンド、ASPARAGUSのライブを4106×××とともに同所で見たという逸話も明かしていた。彼女にとって下北沢というのは、シンガーとしての“はじまり“の地でもあるのだ。そういう意味では、12年目の第一歩に、SHELTER以上にふさわしいライブハウスはないだろう。この日は、デビュー曲「Level42」に加え、彼女が下北沢の練習スタジオで初めて作詞作曲した「You know you love me?」も披露した。11年後にまさか下北沢で歌っているとは、当時はおそらく想像もしてなかっただろう。でも、だからこそ、おもしろいと思う。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。