ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テラス効果でヤフオクドームのHR急増 心理的追い風も要因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12球団本拠地球場での本塁打数を調べると、ヤフオクドームは交流戦終了時点で39本と昨年1年分をすでに超える急増ぶり。理由のひとつと考えられるのが今年2月、外野フェンスの内側に作られた新たなフェンスだ。「ホームランテラス」と命名され、フェンスの中には一、三塁側合わせて約300席の観客席を増設。ホームベースからフェンスまでの距離は、最大で5メートル近くなり、フェンスの高さも5.8メートルから4.2メートルになった。

 ソフトバンク(SB)がヤフオクで放った39本塁打のうち、このテラス席に飛び込んだ打球は17本。実に44%がテラス弾である。このペースなら、今季終了時点で83本塁打に達し、チーム記録(2005年の74本)を塗り替える。

 しかし、この増加は単純に「球場が狭くなった」ことだけが原因ではなさそうだ。テラス設置はフェンスの前で打球が失速したり、フェンスダイレクトで終わったりする中距離打者に有利に働く。SBの代表格は松田宣浩だ。

 だが松田の結果を見ると興味深いことに、13本塁打しているが、テラス弾は4本だけなのだ(全本塁打の31%)。

「本人は“テラス席ができたことで力まなくなった。楽な気持ちで打席に入れる”とテラス効果を口にしています」(球団関係者)

 スタンドへ届かせることを意識しすぎて力めば、かえって球は飛ばないというのだが、これを身をもって痛感した松田の先輩がいた。ダイエー時代に主砲として活躍したSB前監督・秋山幸二氏だ。

「かつて福岡ドームは日本一広いうえに高いフェンスを構える、ホームランが最も出にくい球場として知られた。西武から移籍してきた秋山さんはフェンスを越える打球を打つためにスイングを改造したが、結果的にフォームを崩し、故障までしてしまった」(スポーツ紙デスク)

 実は現在の主砲・李大浩もテラス弾は少ない(11本中4本で36%)。「テラスマジック」は、狭くなったという物理的な効果以上に「心理的な追い風」になっているといえそうだ。

 阪神OBの亀山努氏もこの効果を認める。亀山氏は現役時代の1991年オフ、今回のテラス設置とは逆のパターンで、甲子園のラッキーゾーン撤去を経験した。

「外野フライでベンチに帰ってくると、“ラッキーゾーンがあったら入っとったな”と話していたのを思い出しますよ。撤去された後は“飛ばさんと入らん”と皆が考えてしまったせいか、力みにがって余計に打ち損じが多くなった。芯に当たればスタンドまで届くと思えば、力みもなくなる。結果的にミート率も上がるし、ホームランも増えると思います」

 最近ヤフオクを訪れるビジター球団の選手の中には、「ここはなんだか打球が伸びる気がする」と証言する者がいる。前出のデスクが語る。

「その理由もおそらく、『テラスマジック』の影響でしょう。ここが気圧で膨らませている東京ドームだと、また“空調操作だ”なんて説が出てくるんでしょうが(笑い)、ヤフオクは構造そのものが違いますからね」

※週刊ポスト2015年7月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
プロ野球珍記録 キャッチャーライナーや本塁打8本で7得点等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP