ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PDF閲覧をより便利に! Adobe Acrobat Proの意外に知られてない活用法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんな機種環境でも同じレイアウトで文書を閲覧できるPDF。最近では、電化製品の取扱説明書が公式サイト上にPDF形式で公開されるなど、ビジネスシーンにとどまらず活用されていることも多い。皆さんのPCにも、Adobe Readerという無料のPDF閲覧ソフトがプリインストールされていると思うが、気になるのが、有料版であるAdobe Acrobat Proとの違いだ。有料とはなるが、電子文書を作成または編集するとき、Adobe Acrobat Proがなかなか便利なので、その活用方法をまとめてみた。

【1】PDFをエクセルやワード、パワーポイントに戻す

PDFの内容を修正したいときや、PDFの内容をもとにエクセルの表計算機能を使用したいとき、Adobe Acrobat Proが有効だ。やり方は、Windowsの場合は、「ファイル」→「書き出し形式」→「スプレッドシート」(ワードの場合は「Word文書」を選択)→「Excelブック」。Macの場合は、「ファイル」→「名前を付けて保存」→「スプレッドシート」(ワードの場合は「ファイルの種類」から「Word文書」を選択)→「Excelブック」。ほかにも、パワーポイントやJPEG形式の画像などにも変換可能。PDFをエクセルやワードに変換することで、手軽にそれらの機能を利用することができる。ただし、エクセルなどに再変換した際に、フォーマットが崩れてしまうことがあるので注意は必要。

【2】PDF上での編集

PDFを閲覧していて、マーカーを引いたり、吹き出しを入れてメモ書きをしたいときがある。そんなときは、PDF中の編集したい文言などにカーソルを合わせ、Windows・Macともに「ツール」→「注釈」を選択。あとはマーカーか吹き出しのアイコンを選べばOK。反対に、アイコンを選択してから編集したい文章を選択してもマーカーを引けたり吹き出しを挿入できる。これで、紙の資料と変わりなく注意書きを加えることができる。

【3】「透かし」を挿入できる

ワードなどで文書を作成していて、「見本」や「コピー厳禁」などといった「透かし」を文書内に入れたい場面、Adobe Acrobat Proを使えば簡単に挿入できる。やり方は、Windows・Macともに「ツール」→「PDFを編集」→「透かし」→「追加」→を選択し、テキストに自分が入れたい文言を入力するだけ。その際、文字の色やフォント、サイズ、角度、透明度をなどを好みで変更できる。

【4】メールの文章をPDFに変換して保管

メールの文章をそのまま紙の資料としてプリントアウトしたい時や、ほかの資料と一緒にデータ保存したい時などは、Adobe Acrobat Proでメールの内容をPDF化する機能を使うとスムーズ。PDFなのでメールに添付して送信することももちろん可能。方法は、Outlookの場合、メール閲覧中に「ファイル」→「Adobe PDFに変換」。または「Adobe PDF」のタブ→「Adobe PDFに変換」を選択すればよい。探したいメールをメールボックスの中から探す手間が省けるほか、メール作成をする際、過去のやりとりを見ながら案件を進めることができる。

以上がAdobe Acrobat Proの便利な活用法だ。

ほかにも、ビデオの追加や、Adobe Readerユーザーに対する権限付与などをすることもできる。高度な機能が搭載されており、使い方次第では仕事のはかどり具合がかなり違ってくるPDF。使用する機会も多いだけに、さまざまな機能をチェックしておくとよいだろう。30日間お試しで使用できるので、使ってみたい人はダウンロードしてみてはいかがだろうか。

関連リンク

Adobe Acrobat

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP