ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IIJmio のSIMフリースマホセット、7月7日発売開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月23日、格安SIM&格安スマホ業界に大きなニュースが飛び込んできました! これまで、格安SIM契約のみを取り扱っていた、MVNO事業者大手のIIJが、同社の取り扱う格安SIMブランド「IIJ mio」にて「IIJ mioサプライサービス」としてSIMフリースマホとのセット販売を行うと発表しました。販売開始日は7月7日。七夕からスタートします。いったいどのようなスマホとセットで販売されるのでしょうか。

第1弾は「Huawei P8lite」を販売
今回、「IIJ mioサプライサービス」で販売されるSIMフリースマホ第1弾は、海外スマホ大手メーカーのHuawei(ファーウェイ)が製造している「Huawei P8lite」というモデルです。

薄型で5インチスマホ、かつ1300万画素カメラやオクタ(8コア)コアCPU搭載で、キャリアが取り扱う最新のハイスペックモデルと比較しても遜色ありません。搭載されるOSはAndroid 5.0(コードネーム:lolipop)。防水やワンセグといった機能は付いていませんが、SNSにゲームに音楽にと、大活躍してくれるのではないでしょうか。なお、詳しいスペックについてはこちらから確認ください。

 

本体の価格は3万円未満
通常、大手キャリアのスマホは手頃なものでも5万円以上するものが多く、通信契約を含めた月々の支払いも7000円以上となる場合が多いようです。しかし、今回セット販売対象モデルとして発表された「Huawei P8lite」は、本体価格が30,888円と手頃な価格帯。オクタ(8コア)コアCPU搭載で、高級感あるデザインをしたSIMフリースマホを3万円代で購入できるのは大変魅力的であると言えるでしょう。

 
本体購入価格は一括と分割が用意されています。

・1回払い      30,888円
・24回分割払い  1,382円 / 月(24回)

分割での購入の場合、手数料を含められているので、トータルで考えると一括よりも割高になります。とはいえ、十分価値のある価格であるのは間違いなく、キャリアで端末購入サポート金が付けられたとしても圧倒的に割安です。また、サポートプランも用意されており、こちらは7月7日の販売開始日に発表予定。その全貌が気になるところですね。

 

 

 

契約するSIMは音声もデータ専用もOK

今回のSIMフリースマホと合わせて利用できる格安SIM契約は、音声契約のほかにSMS付きSIMや、データ通信専用SIMも利用できます。

・データ通信専用SIM 3GB       972円
・SMS付きSIM 3GB         1,123円
・音声通話機能付きSIM 3GB 1,728円

各プランの最低価格は上記の通り。
みおふぉん3GBの契約を例に、「Huawei P8lite」24分割契約を足した場合の月額を試算すると……

1,728円+1,382円=3,110円
※別途通話料、SMS送信料、ユニバーサルサービス料が発生します

上記のように3000円ほどで格安スマホが持てる計算。キャリアが提供するプランと料金を単純比較すると圧勝です。しかし、自分にとって「どのサービスが必要であるか?」を見極めることも大事なので、しっかりと考えてから購入を決断してくださいね。

もちろん、音声通話しないよ、データ通信だけでいいよという人はもっと安くなり月額2,354円で利用できます。1台目にガラケーやキャリアスマホを持っているから、2台目は安く済ませたいという人や、子供に持たせるために利用したいなど、この価格であれば、様々な用途が考えられますね。

IIJが不定期に行っているIIJファンとの交流イベントIIJmio meetingの中で、ほぼ毎回、参加したユーザ達から「端末セットの予定は!?」という質問が飛び出しており、今回の発表はファンにとって「待っていました!」と両手を挙げて喜べるものではないでしょうか。

(文:布施 繁樹)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP