ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUSのME572CがAndroid5.0のWW版へのアップデートが可能に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ASUS-ME572C/CL2万円代で買えるハイスペックAndroidタブレットME572C/CL。
今月の頭にME572C(LTE無し版)がWW版(インターナショナル版)としてAndroid5.0(Lollipop)にアップデートできる事が判明し、人柱になってみた。

ただJP版の正式アップデートでは無いため、アップデートの仕方などは割愛させていただく。WW版のアップデートは自己責任でお願いしたい。

ME572CはIntelの64bit対応CPUである、Atom Z3560 1.83GHzクアッドコアプロセッサを搭載した小型タブレット。そのため、64bitCPUに対応したAndroid5.0へのアップデートはME572Cユーザーに取っては待ちに待ったアップデートだ。

実際、アップデートして、アリかナシかといえば、私は確実に「アリ」だと感じた。私の主観だが実測として1.4倍速ぐらいの感じだ。64bitCPUの本来の力がようやく発揮されたような気がした。

ゲームもAndroid4xの時に感じたカクカクさが、明らかに改善されている。タッチレスポンスもかなりの改善が見られ、電卓など比較的スピーディーな入力に対しても問題なく反応してくれる。

懸念されていた、メモリリークだが特に現在は起きていないようだ。ただ、マルチユーザ機能を使用し、サブユーザーで使用した時にメモリがもりもり減っていったため、マルチユーザー機能を使用する場合は気をつけたほうがいいかもしれない。

今回、WW版Android5.0にアップデートして、私としては特に不便は感じていない。ただ、JP版の正式リリースが行われてない以上、なんらかの不具合が起こる可能性があり、今後も引き続き様子を見ていこうと思う。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 河瀬ユーキ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。